みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

暑い中、昭和館にご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
e0027813_11522773.jpg
「もう今日で4回来てます、毎年楽しみにしてます!」
「小平~江古田~昭和館と今月は3連続で聴きました!」
「年々パワーアップしていて、いつ来ても楽しめます。来年も今から楽しみです。」
などなど、皆様が温かく迎えてくださる昭和館ガーデンチャペルコンサート。
ガラス張りの向こうに広がる緑も、毎年表情を変えて共演してくれます。

今回は、いつもとちょっと違った構成で、でも馴染みの曲多め。
こういう時は、実は結構燃えます!
曲が斬新だと、曲の力に頼ることができるけれど、正しく弾いて終わってしまうし、
実は楽しいのは自分たちだけ、ということが起こりがち。
有名な慣れた曲が続くと、さてこれをどうやって料理しよう?となるわけです。
今はこういうやり方が一番楽しめる。
私達奏者が楽しんでいると、それがダンサーに伝わり、お客様にも伝わる。
私たちは、みんなで同じ譜面を見ているから(パート譜じゃないのよ!)
スタートとゴールと、給水ポイントだけ決めておけば、あとは自由。
この自由は意外と難しくて、かなりの神経を必要としますが、
演奏メンバーはみんなカンが鋭くて、今日はどういうステージにする、
というのを言わなくても感じてくれるので、この回り道をすっと察してくれます。
タンゴ、という音楽の括りでこれをするのは、なかなかの高級技なんですよ。
そういう中で、テンポやリズムを上手く操りながら曲をその場で構成していくんです。
お客様の表情を見ながら加減していく。
あれ?やりすぎてちょっとヒイてるな、とか、なんだか物足りなそうだなとか。
これは、ツアーを積み重ねて蓄えた能力ですね。
大ホールで客席が真っ暗、お客様の表情が見えないと不安になったりしてね。
音楽も、会話なんですね。返してくださる皆様あってのステージ。
お客様との目に見えないこういうやり取りが、何よりの醍醐味なんです。

この日は、数日前にゲットしたおNewのドレスで臨みましたよ!
なんたって、ツアー日記からライブレポートから、
ケンジさんはじめたくさんの方が写真付きでアップしてくださるものですから、
「またあのドレスか、もう見飽きたわい」と見捨てられたり、
「かわいそうに、新しいドレスを買うこともできないのね・・・」
と同情されたりしては困るので、贅沢にならない程度に、
うまい具合にバーゲンを狙いました。
ここ昭和館ガーデンチャペルは、会場そのものが大変素敵なので、衣装が映えます。
一年に一度、ここでのコンサートだけは欠かさずにいらしてくださる、
という方も多いので、プログラムの工夫とドレスの新鮮さは欠かせない要素なんです。

私服の新鮮さも怠らないケンジさん。さすが!
e0027813_00333050.jpg
バス停で、このお姿でバスを待っていらしたんですが、
最初誰だか分からずに素通りしそうになりましたよ!(大道芸人さんかしら・・・?なんてね!)
メンバーをも楽しませ、メンバーをもけむに巻くこの姿勢、見習います!

プログラムの構成を変化させることにより、必然的にダンサーの衣装も変わってきます。
いつも同じ流れだと、「この曲にはこの衣装」と決まりがちなんですが、
そこを変化させると、同じ曲でも衣装が変わってくる、そうするとお客様に対する印象も変わりますね。
同じ曲でも、青から白に衣装が変わるだけで、新鮮です。
ケンジさんも、次の曲との兼ね合いで、パンツは同じ、ジャケットを変える、
ということも多いですが、そこは変幻自在。
こういう小さなこと一つ一つが、みんなのエネルギー源になります。
あるとき、ケンジさんが、白黒の縦縞スラックスにゴールドと緑の縦縞ジャケットを合わせたことが。
こうなると、目がチカチカするんですが、そうか、縦のラインをダンサーがこれだけ強調しているから、
こちらは崩しで行こう、ということになるわけで、面白いですね、ライブって。

お天気にも恵まれて、お陰さまで良いライブになりました。
CDも予想以上に買っていただいて、ありがとうございます。
抱えている在庫がなくなったら、ケンジさんの歌入りCDにも取り掛かりますからね!

そんなこんなで、ツアーでいろいろを鍛え、こうして発揮していくというこの流れ、
とても良いペースだと自画自賛。
今月はたくさんの皆様に聴いていただく機会に恵まれました。
ありがとうございます。
秋に向けて、猛暑の中、更にエネルギーを燃やして燃やして、頑張ります~♪


ケンジさんのブログ





[PR]
by elfuelle | 2014-07-31 22:21 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

リリアナ祭 の裏で

リリアナ祭。

なにしろリリアナさんの側近の方々と計画しているものですから、
ナイショ事が多くなりましてね。
特に、ケンジさんには、本当は協力していただきたかったんですが、
あまりに近い存在なので、ふとしたことからリリアナさんにバレては困る。
ではこの際、ケンジさんにも内緒にしよう、ということになりまして・・・

あれはたしか、7/15の小平ランチコンサートの時。
終演後、お腹ペコペコでみんなで近くにあったお店で軽く乾杯。
そのあとケンジさんのお家で、私とリリアナさんとケンジさんと
三人で、あけっぴろげ、ここだけの話、大反省会。
ツアーのこと、コンサートのこと、これまでのこと、これからのこと・・・
たくさん協議させていただきました。
こんな機会は滅多にないので、とても充実した時間でした。
e0027813_18411194.jpg
その時ですよ、突然ケンジさんが額に五線紙のようなシワを(横に)寄せて
私に迫り寄ってきます。きゃ~!お代官様、お許しを~~~!
「ミユキさん、リリアナ祭ですけど、ゲスト多数って、
いったい誰なんですか?あれはハッタリですか?
僕とリリアナさんは、どうやってゲストに対処したらいいんですか?
もう後10日もないのに、まだゲストが決まってないって、
一体どういうことですか!?!?」
・・・すっとぼけていようと思っていたのに、鋭いツッコミ。
ケンリリクラスの皆様は、ペロさんと既に細かい打ち合わせをし、
お二人に勘付かれないように練習を積み重ねています。
ここでバレては困る!誰か助けて・・・
私  「ですから、ゲストはこれりんとリマさんで・・・」もごもご、タジタジ。
ケンジ「それじゃ多数になりませんよ、どうやってオトシマエつけてくれるんじゃ、このボケ!」
(若干演出入ってます)
う~・・・!困ったぞ。ふと横を見ると、リリアナさんがワイン片手に、既にウトウト。
よしっ!ここは酔わせて寝かせてしまおう!!
私  「それはですね、実はここだけの話・・・あれ!ケンジさんグラスが空ですよ、
この純米酒、冷たくて美味しいですね~♪ さささ、どうぞどうぞ!」
私  「あ、このヨガマット、お昼寝にちょうど良さそうですね~、ちょっとここに敷いておきますね~」

・・・内緒ごとって、大変なんですね。
私はすぐに顔に出てしまうから、内緒が苦手です。
意識すると、余計にドツボにはまります。
あ~!あけっぴろげが一番だね!!!

・・・

そのケンジ&リリアナさんと、28日月曜日は
昭島「昭和館ガーデンチャペルコンサート」。
毎年出演させていただくようになってもう5年目になります。
この会場は、大変ありがたいことにリピーターの方が多いので、
過去4年のプログラムとにらめっこしながら、慎重に曲を決めていきます。
昭和館サイドでいつも立派なプログラムを作ってくださるんですが、
今月に限って、忙しい私。プログラム提出期限に間に合いませんでした。
ですので、今回は、メッセージ入り、手書きのプログラムを作ってみました。
e0027813_18315870.jpg
暑いですが、チャペルは緑に囲まれて、目でも涼しいですよ。
皆様のご来場、お待ち致しております!

【チャペルコンサート】
◎7月28日(月) 昭島「フォレスト・イン・昭和館
13:00 Open/14:00 Start ¥2,500(要予約・定員100名)
佐藤美由紀(Pf) 川波幸恵(Bandoneon) スズキイチロウ(Gt)

※ランチ付、宿泊付プランもあります。
詳しくは会場にお問い合わせください。
昭和館宴会係直通 042-542-5555




[PR]
by elfuelle | 2014-07-26 18:45 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
リリアナさん、お誕生日おめでとうございました~!!!
e0027813_00492174.jpg
おっと!これはケンジさん。(見ればわかるとは思いますが念のため)
ケンジさんは、いつも本番中、歌ったり踊ったりしながら、写真まで撮ってくださいます。
でも、ご本人の写真が・・・無い。
ですので、私がリハーサル中に撮った一枚。
既にノリノリで、っちょっと・・・そんなに近づかないでくださいよ、ブレるぅ~!
・・・眉毛つながってますよ?
眉毛もツアーも、ダンスも、そして歌も。
なにごとも続けていくこと、つなげていくことが大切なんだと、
身体を張って教えてくださるケンジさん。
こんなことしておふざけしていたら、この直後歌詞がすっ飛ぶお茶目っぷり。
大丈夫、本番はばっちりでしたね!
兼業で大変とは思いますが、これからもよろしく頼みます。

で、リリアナ祭。
とにかく物販荷物が多くて大変な、昨今のミユキタンゴ。
この日も、三種類のTシャツ、ケンリリ手ぬぐい、CDに川波DVDと、物販コーナー花盛り。
並べるだけでひと仕事です。
早めに会場入りして商品を並べているとケンジさんから「あと6分で着きますから、
荷物だけ置かせてくださいぃぃぃ~!」と泣きそうなメール。
今日はこれからスペシャルゲストとのリハーサルが控えており、
リリアナさんだけでなくケンジさんにも内緒にしたいというゲストの方々のご要望により、
5時までは会場入りしないで欲しい、とお伝えしてありました。
でも、お二人には衣装の準備がありますからね。
まだゲストが到着していなかったので、とりあえず衣装を吊るすところまでOKして、
お二人を締め出しました。もうここから始まっています、リリアナ祭。
入れ違いにゲスト登場。スペシャルケーキをBUDDYの冷蔵庫へ。
入念に段取りチェック、メンバーとこれりんと曲の準備もOK。
こういう動きが機敏になってきましたね皆さん。
お陰さまで5時より前にケンリリさんに入場許可することができました。
素知らぬ顔でサウンドチェック開始。本プログラムの段取り確認。
ケンジさんの歌マイクチェック(写真上)。
メンバーの皆さんもリリアナTシャツ着用し、気合入ってます。
ちょっと気合入りすぎかな?本番は足で弾いてくださいね。
e0027813_11035953.jpg
足で弾く=いい加減に弾くこと、ではないので、難しい技なんですが、
本番は軽妙ないいアンサンブルだったと思います。と自画自賛してみる。

さて本番前に、軽く腹ごしらえをしようと駅前を通ると、
そこかしこに赤や緑のTシャツを着た方々が、人待ち顔でウロウロ。
江古田の駅前が、真夏の眩しい日射しの中クリスマスカラーに彩られています。
何ともレアな光景なのに、写真撮るの忘れた!!!

そして開演しました。
e0027813_12194711.jpg
フルメンバーの時は、よくBUDDYを使わせていただきますが、
同じ会場でも選曲と構成で、毎回ライブの表情が違ってみえますね。
スペシャルケーキを振舞う予定があるので、1部の最後にスペシャルゲストコーナーを作りました。
1部は、サクサクっと進めて、最後のクンパルシータ。
クンパルシータの最後は、いつもケンジさんがリリアナさんをリフトします。
両手の塞がったケンジさんをめがけて、キラキラ光る手作りのハタキを持った真っ白い妖精が
客席後方から駆けてきます。ハタキでケンジさんを追い出そうということらしいです。
ここで、演奏メンバーはステージ上で素早くリリアナTシャツに着替え、
e0027813_13442371.jpg
先ほど入念にリハをした「Se dice de mi」を弾き始めます。
会場は大拍手で湧いています。白い妖精がハタキを振って踊ります。
これりんが登場して、Se dice de mi をスペイン語で歌います。
フロアの真ん中では、リリアナさんを取り囲んでのダンスが繰り広げられます。
会場の手拍子がピッタリ合ってきました。
曲の中盤、何故かスルメが登場し、リリアナさんがそれを齧ります。
「セディセデミ~♪ ゆっくーり噛んでみ~♪」
このあとケンリリさんのクラスの女子達がワーッとリリアナさんを取り囲み・・・
e0027813_12415421.jpg
その隙に、白い妖精達は冷蔵庫へ走り、ケーキを持ってきます。
曲は3コーラス目に入り、日本語で替え歌が披露されます。

 だけどね~♪ 飲みすぎ~♪ だけどさ~♪ 飲みすぎ~♪
 だけども~♪ 飲みすぎ~♪ だってね~♪ 飲みすぎ~♪

 それでも~♪ 好きなの~♪ そこもね~♪ 好きなの~♪
 やっぱり~♪ 好きなの~♪ 
 「全てが好きなの~♪ 愛してるぅ~♡」

いやー、愛されていますリリアナさん。
Se dice de mi を歌い終え、拍手に湧いている会場に、ケーキが登場しました。
ハッピーバースデー、トゥーユー~♪大合唱~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
e0027813_12521895.jpg
何故か首からスルメをぶら下げている、白い妖精達と、リリアナさん。
リリアナさんのこの表情が、リリアナTシャツにデザインされています。
e0027813_13135317.jpg
このあとリリアナさんに、たくさんの方がプレゼント攻撃。
なんと、私と川波にまで、立派な花束をいただいてしまいました。
わー!嬉しい~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
ケーキはこれまた素晴らしい、手作りケーキ。
クッキーで「Liliana」と入っています。
e0027813_12502627.jpg
休憩時間には、一口大にカットされたこのケーキと、別に用意された可愛いタルトが振舞われました。
e0027813_13240779.jpg
物販コーナーでは、人手不足を心配したケンリリさんの生徒の方々が、
積極的に客席を回り「Tシャツに手ぬぐいはいらんかね~!」
お客様は、乾杯しながらケーキを頬張りつつTシャツに手ぬぐいを購入、と大忙し(笑)

2部が始まりました。2部は、リマタンゴDuoのお祝い演奏で幕を開け、
これりんの十八番「ロコへのバラード リリアナバースデーバージョン」と続きます。
そして、楽器からマイクを外したしー様がおもむろにひとり中央へ。
想いの届く日ソロバージョン。そこへ、目をハートにしたリリアナさんが絡みます。
「ねえねえ、こっち向いてよ~!」
e0027813_13273309.jpg
「ねぇこっち向いてってば~!」「・・・今、必死なんです!!」
e0027813_13275932.jpg
更にイチロウさんのギターが絡み、ケンジさんが歌います。
リハーサルの成果はバッチリの様子、ケンジさん。本番はカッコよくキメました。
e0027813_13331106.jpg
今度は王子がマイクを外し中央へ。
ひとり、また一人と中央へ向かっていくその姿は、まるで相撲のぶつかり稽古のようです。
王子がキリリと二枚目の顔をして、客席にいるリリアナさんめがけて
「ツィゴイネルワイゼン リリアナバースデースペシャル」を披露。
感激して居てもたってもいられなくなったリリアナさんが中央に飛び出してきて、
オホスネグロスでダンス対決!?
e0027813_13481608.jpg
王子は、まだ痛みの残る指先で華麗な演奏を紡ぎ出しながら、
忍者修行で鍛えた華麗なステップでリリアナさんを翻弄します。
客席のお客様も、固唾を飲んで見守ります。
王子もリリアナさんも、そんな客席の緊張感を敏感に察して、
表情を二枚目にしたり三枚目にしたりの顔芸合戦へ・・・
そんなオホスネグロスのあとは、ケンジさんがパチンと指を鳴らし、
リリアナさんを呼び寄せて、タキートミリタール。
ああ、1部の最後に追い払われてから、やっとリリアナさんが戻ってきてくれた!
お二人で、さすが息のぴったりあったダンスを披露。
安堵の表情を浮かべるケンジさんに、会場のムードも和みます。
このあとも王子の口笛、ケンジさんのコモドス~フェリシアと続き、
演奏部隊もエル・チョクロ リリアナバースデーバージョンをビシッと決め、
いつもの冬で、熱くなりすぎた会場を少ししっとりと冷ましてトランペーラへ。
トランペーラでは、こんどは客席から次々お客様が出てきては、
1フレーズずつリリアナさんと踊っていきます。ケンジさんとも踊ります。
踊りの人がどんどん増えて、客席中央はまるで
華やかな洋服を洗濯しながら回転する洗濯機のようです。

ありがとうございました。
充実しすぎたプログラムに、お客様の表情も穏やかながら疲れが見えます。
しかしながら、優しいお客様たち。アンコールの拍手をくださいました。
皆さん、体力の方は大丈夫ですか?
アンコールは疲れを一気に吹き飛ばす、高速リベルタンゴ。
洗濯コースから脱水コースに切り替わったかのような、キレっキレのステップ。
煽る演奏部隊。最後の最後まで、ドラマです。
そして締めは、昨日までのリリアナさんに別れを告げ、新しいリリアナさん登場!
ということで、「カミニート アディオス~♪゜・*:.。. .。.:*・♪」

たくさんの皆様にご来場いただき、応援していただいて、
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
悔やまれるのは、全員集合写真を最後に撮らなかったこと!
あ~!!残念。
終演後も余韻に浸り、帰り難い方々が、そこかしこで乾杯を繰り広げます。
リリアナさん、お誕生日おめでとうございました!
ますます素敵なお姐さまとして、幸せいっぱいの新しい一年をお過ごしください~
MIYUKI TANGO一同、どこまでもついて行きます・・・♡

e0027813_14281234.jpg



[PR]
by elfuelle | 2014-07-25 14:31 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
弘前の会場は、会場そのものがホテルだったので、移動が楽チンでした。
改めて、仕掛け人山谷さんありがとうございました!

サウンドチェック後、本番前にチェックイン、
シャワーを浴びてごろりと横になり、着替えて化粧してステージへ。
控え室には、串に刺したおつまみなど、本番前にちょこっとつまめる心配り。
嬉しい。ありがたい。美味しい!!
そしてなんといっても、ピカピカに輝くたくさんのりんご達!
ぺティナイフも添えてくださって、「余ったらお持ち帰りください、早めに食べてね!」と。
本番後も、荷物を片付け(大きいものは控え室に置きっぱなし!)
即部屋へ。即着替えて、即打ち上げ会場に!
打ち上げ会場は、ホテルから徒歩一分のところにありました。
今が旬!の、焼き筍、ホヤ酢、レベルの高い日本酒の数々・・・
賑やかに祝宴を繰り広げるうちに、青森名物ラーメンの話題になりました。
青森県といえば、初めて訪れた2008年から、欠かせないもの、
酸ヶ湯温泉と・・・まるかいラーメンです。
ここのラーメンは、煮干の濃いお出汁のラーメン?
ラーメン???
中華麺というよりは、独特の粘りのあるうどんのような麺なのですが、
これがその濃~~くて酸っぱい煮干しダシのおつゆと絶妙にマッチ。
九州出身の川波は、初めてこの麺と出会ったとき、
「とても食べたいんだけど、どうしても喉を通っていかない」と表現。
なるほどね。この煮干し出汁の香りはとても食欲をそそられるんです。
(でも、九州のとんこつラーメンとはかなり違う~)

そして今回の打ち上げ中に、新たな情報が!
このまるかいラーメンよりさらに毒々しい、ヘドロのような色のスープのラーメンがあると。
これはラーメン好きのミユキタンゴ、(というか、ラーメン好きのしー様)
見逃すわけにはいきません。
しかも、大人気店で行列必至、かなり待つこともあるとか?!
こんな素晴らしい情報を見逃すわけにはいきません。

翌朝、ホテルで朝食バイキング@午前8:30。
朝が苦手なイチロウさん以外、全員集合。
新鮮なサラダや焼き魚、卵焼き、お粥、納豆でお腹を満たしました@午前9:30。
ここでダンサーのお二人とお別れ。ミユキ号に乗り切れないために、
今日お二人には電車移動していただきます。また青森駅で~!
骨折王子は所用でなんと北海道までひとっ飛び。また三沢で~!
ミユキ号チームのミユキ、かわなみ、しー様は、前回訪れられなかった弘前城見学。
じゃーん!!
e0027813_11363359.jpg
雨上がりで、マイナスイオンたっぷりの新緑に癒されつつ、弘前城公園を散歩。
お城っていいですよね。
e0027813_11374915.jpg
ちょうどお散歩に来ていた近所の保育園児御一行様と思われる皆様と遭遇。
「せんせ~い○○くんがいなーい!」「△△ちゃん、手~つなごうよ~ぉ!!」
いやー、賑やか賑やか。楽しいね~!
昨日合流したばかりのしー様、早くもホームシック?
ダメダメ、まだまだしっかり仕事していただかないと・・・て言っても、
この日はOFF日なんでした・・・

さて、意味もなく散歩をしていたわけではありません。
朝ごはんを適度に消化して、11時開店のラーメン屋さんに照準を合わせての、時間稼ぎだったんですよ!
朝食を摂っていないイチロウさんは、一人車の中でアイドリング。
無駄と思われる体力は1mmも使いたがりません。でも、これも大事。
私は逆に体力使わないとエネルギーが沸いてこないという体質ですから(燃費悪いな)
散歩によって消化しているように見せかけて、実はエネルギーを充電していたのでした。
再びミユキ号を走らせ、昨晩教えていただいた「たかはし 中華そば店」へ。
向かう途中の道には、中央分離帯に今が盛りのラベンダーがびっしり咲き誇っていました!
すご~い綺麗~♡
(・・・でも写真がない!私は運転していたのでね、残念。
メンバーさん、どうしてラーメンは写真撮るのに、花は撮らないのか・・・?)
いい香り~♡と思って窓を開けたら、蜂さんがいっぱい蜜を吸いにやって来ていました。
おっとっと、危ない危ない・・・

走ること10分足らず。道路にはみ出すように「中華そば」という真っ赤な幟が立ち並んでいます。
到着しました@11:10。既に駐車場に車がぎっしり。
車から降りた途端!!濃厚な煮干臭が辺り一面に漂っています。
・・・これはタダモノではないぞ!
スタスタと店内に吸い込まれていくみんな。ちょっと待ってよ~
e0027813_12075775.jpg
で、出てきたラーメンはこちら。
麺は縮れた中華麺。スープの色も、前情報に比べるとそれほど毒々しくない。
このあとの行程を考えて、ここでは全員普通サイズを注文。みんな、大人~!
e0027813_12432528.jpg
ラーメンはしっかりカメラに収めるしー様。(私もだけど)
お味はというと、これは予想を裏切ってかなり上品な印象でした。
ラーメン、と思うとちょっと違うかな?という感じはありますが、
料亭で小さめの汁椀で出されても、するっといける感じ。緻密に計算されたスープ、という印象です。
濃~~~い煮干出汁が、じわじわと全身に染み渡ります。
おまけに、食べても食べても、丼の中から次々と麺が湧き出してきて(笑)
普通サイズを注文したのですが、なかなかのボリュームです。
なるほど、平日昼間、体力仕事系と思われる男性が店内に多いのが納得できます。
これはクセになるだろうなぁ。

食後は、総重量を若干(!)増して青森に向かいます、ミユキ号。
雨が降ったり止んだり。
蒸し暑いですが、窓の外を横切る風景は、瑞々しい新緑でいっぱい!
水田も青々、通り過ぎる木々も青々。(でも写真は無い。)
車内はお昼寝モード。私はフロントガラス越しに新緑の青森県を満喫~!

青森駅に到着しました。天気は快晴。真夏の日差しがジリジリします。
ケンリリさんに連絡してみると、既に「まるかい中~!」とのこと。
私達は流石にまだ胃袋が満室なので、物産館を散策。歩いたり、ベンチで休んだり。
おのおの体力に合わせて、このあとやってくる「まるかいタイム」に備えます。
あ~!!\(◎o◎)/!川波としー様が、熱々のアップルパイを食べようとしている!!
・・・が、すんでのところで踏みとどまる。それほどまでに期待の大きいまるかいラーメン。
「食べ終わりました」ケンリリさんからメール。そして合流しました。
e0027813_14311840.jpg
このお腹に、それぞれ1杯ずつのラーメンが収められています。
私たちの周りにほのかに(?)香る煮干臭・・・
(後ろの三角の建物が観光物産館「アスパム 」イチロウさんの右肩あたりにまるかいラーメン)
腹ごなしに青森駅まで歩き、地下の市場にて今夜の夕食の食材探し。
新鮮なホタテとブリを刺身用にカットしてもらい、
本マグロの中落ちすき身と共に氷を詰めた発泡スチロールに梱包。
で、またまたケンリリさんとはここでお別れ。
お二人には酸ヶ湯温泉行のバスを予約済でした。そろそろ発車時刻です。
さてここからが忙しいミユキ号チーム。
まずは念願のまるかいラーメンへ。しー様はなんと大盛りを注文。さすがです。
イチロウさんはお店の外でお留守番?と思いきや、一人前注文。
私は、お店に入るまでは川波と「半分こしようねっ!」と言っていたのに、
いざお店に入ってみたら、なんだか一人前食べられそうな気がして一人前注文。
川波はそんな私を見て「う・裏切り者~!」と若干顔面青くしながら、同じく一人前注文。
e0027813_14440051.jpg
来るたびに写真撮影を忘れないしー様。まるかいちゃん、お久しぶり~♪
青森妻、まるかいでございます・・・?
隣に座っているだけで、しー様の胸の高鳴りが聞こえてきそうです。
e0027813_15003046.jpg
強烈な煮干臭、鼻をくすぐる酸っぱい香り。こうして比べてみると、こちらはスープが澄んでいますね。
なんと不思議なお腹でしょう。全員ツルンと完食。これは一体何ご飯???本日三食目よ。
もうお腹が苦しいはずなのに、お店の外に出ると何とも言えない爽快感。・・・達成感?
さあ、のんびりしてはいられません。既に生ものを仕入れてしまっています。
急いで車に戻り、今度は飲み物その他色々仕入れに道中のスーパーへ。
リリアナさんより「アンチョビとオリーブオイルとくるみ」調達指令が届く。
何か美味しいものを作ってくれるようです。楽しみじゃ~♪
まずはビールと、サラダ用にトマトやサラダ菜、ほうれん草、薬味用にネギ、茗荷、
チーズにハムに、小腹がすいた時用に細巻き、紙皿紙コップも忘れず買って、
アンチョビ缶、くるみもちゃんと買いました。
オリーブオイルは今便利なのがあるんですね、お寿司についてくるお醤油のような小分けパック。
たくさん買い込んで車に乗ると、ここまでじっと体力を温存していたイチロウさんが
既に運転席で待機。山道はオレの道。オレさまが運転すると言い出してくれました。
は~、助かる。私は後部座席で、煮干の海でゆらゆら泳ぐ夢を見て・・・
あら、気がついたらもう到着していました。
本日のメインイベント、酸ヶ湯温泉 ヒ バ 千 人 風 呂!
ビバ!じゃないですよ、ヒバですよ。本日はメインイベントが目白押しだわ。
荷物降ろしてチェックイン。ケンジさん達は既に到着して、
鼻を、じゃない首を長くして、玄関先で出迎えてくれました。
お~!八甲田の山に広がる、強烈酸ヶ湯臭。(どんだけ臭いもの好きなの、私)
こっからが超特急ミユキタンゴ。搬入搬出の素早さは業界No.1!(当社比)。
素早く荷物を部屋に運び込み、あっという間にお風呂にドボン。
は~ぁ極楽じゃ。これだからツアーはやめられません(笑)
そういえば去年も一昨年も来ていなかった、青森県。お久しぶりの酸ヶ湯ちゃん♡
煮干臭なんてあっという間に消え去るほどの、超強力な酸ヶ湯臭。これよこれ。
恐る恐る体重計に乗りギョッとしつつも、素早く浴衣に着替えて食事班による準備。
私はトマトとネギ、茗荷をひたすら刻む。
リリアナさんと川波は、慣れた手つきで昨日弘前でいただいたつやっつやのりんごを薄切りに。
その上にアンチョビを細かく切って乗せ、更にくるみを小さく砕いて乗せ、
そしてサラダほうれん草を乗せ、オリーブオイルを回しかけ、
ケンジさんが調達してくれた炙りいわし干しを飾って完成。うほほほ♪゜・*:.。. .。.:*・♪
ヨダレを垂らさないように注意しながら、お豆腐、ホタテ、サラダ菜ちぎってプチトマト。
その間に炊事場にあったフライパンでリリアナさんが手早く炒めてくれたのなんでしたっけ?
とにかく、宴会料理の完成です~!!!本日のメインイベント~!!!(しつこいね)
e0027813_18564838.jpg
あんなに食べたはずなのに、もうお腹ちゃんはグルグル・・・
空気が美味しいと、こうなっちゃうのよね~
さっきの体重計のことはすっかり忘れて、美味しいお料理(とお酒を)心ゆくまで味わいました。
まだ外は明るいのです。窓を開けると、爽やかな風がヤキモチを焼いて覗きに・・・
耳を澄ますと、サラサラ流れる沢の音、虫の声。こういう時間は、大切ですね~。

・・・日が暮れるにつれ、皆それぞれの休日に。
ええ、大変なことですよ、集団生活は。
まずはピッチャーイチロウによる、投球指導コーナー。
e0027813_00592104.jpg
e0027813_00594134.jpg
そして第一チン没者。
e0027813_00323338.jpg
そして誰ですか?そこに置いたりんごをかじったのは?
e0027813_00570197.jpg
夜が更けるごとにワルノリして、
月曜日で宿泊客の少ないのをいいことに、「宿の風情と輝くりんご」撮影会。
e0027813_01022216.jpg
あれあれ?まだまだ続いていた、投球講座!
酔うと話が長い&夜になって絶好調イチロウさん。もう少しバランスよくお願いしますよ。
そうこうしている間に第二沈没者。(この時既にしー様はおネムモード)
e0027813_01135888.jpg
すかさずリリアナさんから、しー様浴衣指令。
眠気も吹っ飛ぶしー様。
e0027813_01350613.jpg
と、この辺にしておきましょう。朝から晩まで、それぞれ差こそあれ元気な私達。
ちょっとおふざけ、載せちゃいました!

ええ、遊ぶ時も全力投球なんです、私達!!!


※ケンジさんのブログ ツアー 八甲田山酸ヶ湯温泉
※イチロウさんの ふんどしブログ (大丈夫、匂いません。)




[PR]
by elfuelle | 2014-07-21 01:50 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
熱々の秋田公演を終えて迎えた翌朝。
昨日の熱気を冷ますかのような雨がしっとりと降っています。
と、そこへカフェ・ブルージュのママさんより、化粧品の忘れ物があるとの連絡が。
化粧品?誰かなー?カフェの玄関に置いてくださっているとのこと。
宿をチェックアウトした後、再びカフェ・ブルージュへ。
昨日の熱気が夢だったかのように、雨の中ひっそりと静まり返るカフェ・ブルージュ。
玄関にかけられているミッキーの袋。開けてみたら・・・
あらら、意外にも、ケンジさんとイチロウさんのものでした。
持ち歩きなれないと、忘れてしまいますね。
ご連絡いただいて、助かりました、ママさん!!ありがとうございました。

さて一行は、弘前に向かう前に、この時期同じく秋田で公演を行っている
楽市楽座の皆さんをお訪ねいたしました。
親子三人だけでスタッフなし、全国を回って野外公演を繰り返す方々です。
ちゃっかりお休み中のテントにお邪魔いたしました。
e0027813_14281595.jpg
楽市楽座の公演は、野外にこのような回り舞台をスタッフなしの手作業で組み、
e0027813_14393521.jpg
あ、間違えた、これは新潟十日町のピザの写真でした!
回り舞台はこちら。
(黄色い丸い部分が舞台で、実は水の中に浮いています。)
この上で演じるわけです。360度、どの席のお客様からもよく見える仕組みです。
e0027813_14402432.jpg
e0027813_14444665.jpg
雨が降っていなければ、周りの青いシートはかけられず、輝くお月様と星空が
最高の照明になり、幻想的な舞台となります。
こ~んな高いヒールで、キメのポーズ!
e0027813_15014624.jpg
私達は一週間強のツアーですが、彼らはほぼ一年を通して北から南から、
全国を廻っています。雨音の強くなってきたテントの中で、
たくさんの貴重なお話を伺うことができました。
楽市楽座の皆さん、お忙しいところありがとうございました~!!

さてここからは寄り道せずに真っ直ぐに弘前に向かいます。
雨も時折強く降りますが、念力念力・・・
公演予定の弘前のホテル前の道で、今日はよさこい祭りが行われるとのこと。
車が通行止めになり、決められた時間にしか搬入できないとのことで、
上手く時間を見計らいながら走ります。

到着する頃には、ケンジさんの晴れ男パワーで、雨は小降りに。
しかも、ホテル前の道にスムーズに進入できましたよ、あれれ???
到着してから伺ったところによりますと、よさこい祭りは雨で中止になったとか。
あ~~~!残念!!!ちょっと楽しみにしていたのでね、お祭り。

この日からコントラバスのしー様と、バイオリンの王子が合流。
良かった、しー様は血色がよく元気そう。
骨折王子は・・・イマイチ顔色が青白いものの、
ここぞ!というところはやっぱりお客様の期待に応えていただかなければならないので、
リハでうまいことすみ分けをして、無理をしないプログラムを組みました。
e0027813_23392994.jpg
こういう時のために、このバンドは全員同じ譜面を見ているんですね。
王子が困っているところは、他の楽器でしっかりカバー。
しかも、完璧なコテコテアレンジではなく余白を残してあるので、
その辺りは全く不自然に聴こえません。
擬音多めの王子のバイオリンを、皆で優しく(?)フォローします。
昨日の秋田公演に比べて、お客様はとても静か~に、じっとして聴いてくださいます。
MCの私が動揺しそうですが、ここはぐっと堪えて。大丈夫、大丈夫。
ここの皆さんは、大げさに反応しないで、じっくり味わってくださっているんです。
1音1音、噛み締めるように。
こちらも、1音1音無駄なく、美しい音色を意識して臨みます。
意識しすぎて、あれ?プログラムにない、別の曲のイントロを弾きはじめ、
演奏のみんなとダンサーに、とんでもない緊張感を与えたのは、私です。
ごめんなさい~!

そんなこんなの色々が、適度に刺激になり、
コンサート自体はうまくいったと思います。
お客様も、表現はおとなしいですが、終演後は顔を上気させて、
私たちにあれこれと質問をしてくださったり、
会場の外、離れたところにある物販コーナーでニコニコと話しかけてくださったり。

三年ぶりの弘前公演。覚えていてくださった方、
今回初めてタンゴを間近で聴けると知り、駆けつけてくださった方・・・
それもこれも、毎年立派なりんごを私たちに送ってくださる仕掛け人、
山谷さんのおかげです。ありがとうございました。
そしてじんわり温かい弘前の皆様、ありがとうございました~!


※ケンジさんのブログ→ ツアー弘前














[PR]
by elfuelle | 2014-07-18 23:56 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアー三日目。秋田へ。

まだ始まったばかりなのに、最高潮に楽しかった新潟公演を終えて、
さてこの日は長距離移動の日。

新潟から秋田まで、日本海側を行くと370Km。寄り道をしないで5時間半で着く計算です。
ところがここの道、高速道路が途切れとぎれでつながっていないんですね。
おまけに最高速度が70Kmの片側一車線なので、
以前新潟から山形までの移動でクタクタになった記憶が。
前に大きなトラックがのんびり走っていて追い越せず、
車内にトイレ警報が発令されて、サービスエリアもない・・・
思い出しただけで冷や汗ものです。

その時の教訓を生かして、今回はおよそ600Kmかけて、
磐越道郡山経由東北道を北上し、秋田道にて秋田入り、のコースを選びました。
朝8時出発です。メンバー皆さん、プレッシャーでぐっすり眠れていない様子。
でも、お陰さまで予定通りに出発できました。
磐越道を走行中、ものすごい豪雨に、前が見えない~ワイパー大忙しとなりましたが、
それ以外は比較的順調に進みました。
私も、半分くらい走ったところで、イチロウさんに運転を交代してもらい、
後部座席で睡眠タイム。なかなか無い車内睡眠タイムなので静かな環境で眠りたかったんですが、
運転席からはひっきりなしに昭和歌謡が・・・
e0027813_22452009.jpg
そして出発してから8時間。到着しました、秋田「カフェ・ブルージュ」
e0027813_22514287.jpg
レンガ造りの素敵なカフェです。
ステージとなる部分の後方が大きな窓になっていて、開放感いっぱいです。
クタクタのヘロヘロで到着した私たちに、ママさんが冷たいお茶とさくらんぼを用意してくださいました。
生き返る~!
ここは縦長な空間ですが、やはり壁をうまく利用して音の跳ね返りの最も効果的な場所にスタンバイ。
サクッと音が決まりました。
PAさんがマイクを用意してくださっておりましたが、よく響く会場でしたのでこの日も生音で。
さて音が決まったら、皆それぞれに開演準備に入ります。
リリアナさんは衣装のアイロンがけ。
ケンジさんは会場のセッティング。
川波とイチロウさんは、よく響く会場にうっとりしながら楽器弾きまくり。
8時間も狭い車内でじっとしていたのでね、ここぞとばかりに弾きまくり、弾きまくり・・・
私も一緒に弾きまくりたいところですが、物販のセッティングを終えたら
まずは宿にチェックインして来なければなりません。
再び車を出して、宿へ。そういえばこの日は週末だ!
駐車場や公園に色とりどりのテントが貼ってあり、簡易ステージの周りに浴衣姿の人だかり。
この日の秋田市街は、あちらこちらでお祭りの真っ最中。
よさこい姿のお姉様たちがきらびやかにスタンバイ。
ぷ~んと漂う、いか焼き、たこ焼き、焼き鳥のいい匂い~♡
ライブがなければ吸い寄せられているところでした。

そろそろ日も暮れて、外に出ると風が心地いい~。
カフェ・ブルージュの広い駐車場に続々とお客様が集まってくださいました。
タクシーも続々到着。良かった~、初めての会場で集客がとても心配でしたが、
とりあえず出演者よりお客様の方が多そうだわ。
この日はカフェの二階を控え室としてお借りしていたので、
入口の様子がよく見えるのです。
と、出演者もびっくりの妖艶な真っ赤なドレスの方が颯爽とタクシーから降りてきました。
数名の美しいお姉様とご一緒です。ひゃ~!もしかしてダンサーさんなのかな???

そして開演しました。ありがたいことに、会場はピッタリ満員!
ママさんが前日まで電話をかけまくり、初出演の私達にこれだけ集めてくださいました。
ありがとうございます。
前日の新潟公演の教訓を生かして、長め1ステージ一気攻め作戦です。
プログラムを進めるごとに、客席はどっかんどっかん大拍手!!!
祭りじゃ祭りじゃ~花火ボンボン~~!!といった感じです。
嬉しい嬉しい。
ケンジさんが、ギターに乗せて「砂混じりの喉(Garganta con arena)」を歌いだすと、
客席から「Garganta con arena!!」「Garganta con arena!!!」と囁く声が聞こえます。
秋田中南米音楽愛好会の皆様のお席です。(イントロクイズじゃないんですよ~)
「いや~、日本でこの曲を生で聴けるとは思わなかった~」と感激したご様子。
良かった良かった。歌手冥利に尽きるケンジさん。(あ、写真がない!)
e0027813_11370874.jpg
アンコールが終わってもまだ鳴り止まない拍手、拍手・・・
と、客席から先ほどの妖艶なご婦人がステージに近づいていらして、
可愛いポチ袋に入ったおひねりをくださいました!なんて粋なの、秋田の方!!
後で伺ったところによりますと、この方は秋田のマツコデラックスさんとのこと。
終演後、ケンジ&リリアナさんと豪快なハグを繰り返して大喜びでした。
あ~!怖い方じゃなくてよかった・・・☆
他にも、毎回応援してくださっている秋田中南米音楽愛好会の皆様や、
なんとバンドネオンを習っているという青年、奥様はタンゴダンスを嗜まれる・・・?
懐かしいお顔と、新しい出会いと。
こうして一歩一歩自力で進んでいきながら、タンゴを、生演奏を通じてたくさんの方々とのふれあう喜び。
これがあるから、やっぱり旅は楽しいしやめられませんね。

皆様、ライブが終わっても興奮冷めやらぬで、帰り難いご様子。
物販コーナーも大賑わい。良かった、これでガソリンが入れられる!
明日の弘前まではたどり着けそう・・・
あらかた片付け終わる頃、ママさんがスペアリブとサラダ、
ソーセージに焼きたてパンを用意してくださいました。スペアリブ、ジューシー♡
なにからなにまで、ママさんにすっかりお世話になり、ありがとうございました!
お陰さまで、秋田公演も熱い夜になりました。
秋田の皆さん、ほんっと熱いです。ありがとう~!

このあとは繁華街に移動して、秋田中南米音楽愛好会の皆様と、
先ほどのバンドネオン青年ダンス奥様と共に、音楽談義。
来年は、このお二人にゲスト出演お願いしちゃうかも~!


※ケンジさんのブログ→ ツアー秋田




[PR]
by elfuelle | 2014-07-17 12:57 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
昨日は、ルネこだいらにてランチタイムコンサート(なんと¥500!)がありました。
開場30分前には、既にホールの前に大行列!!!
このコンサートシリーズは人気なんですね~。
開場してみたら、大ホールの二階席までお客様びっしり。嬉しいです。
開演時間になっても、まだお客様が着席しきれず、3分押しでスタート。
この日の来場者は、ランチタイムコンサート史上最高の1,170名とのこと。
お天気にも恵まれてよかったです。ありがたや。
ピアノは、スタインウェイかベーゼンドルファーを選べるんですね。
私はもちろんこちらを選びました!
e0027813_11270334.jpg
コンサートは、ゲストのケンジ&リリアナが広いステージを駆け回り、
更にステージから楽屋まで何度も走っては戻り、11曲中7曲を踊りました。(+アンコール)
いつもお客様の手の届く距離で、狭いところでもスイスイ踊ってくださっておりますが、
せっかくの大ホールですからね、のびのびとたくさん踊っていただきました。
e0027813_12583331.jpg
さて、これはリハ中にケンジさんが撮ってくださったショットです。
王子こと山中裕平が、ツィゴイネルワイゼンを弾いています。
タンゴの名曲と、バイオリンの名曲を両方聴いていただいて、
バイオリンの奏法の違いを感じていただく、というコーナーでした。
王子は実は、6月末のツアーの直前に、左手の人差し指を骨折してしまいました。
ツアー中は、そんな王子を庇いつつ、メンバー皆さん奮闘しました。
もちろん、一番奮闘したのは、王子です。
ツアーはなんとかこなしていただきましたが、今日のこのコンサートでは
ツィゴイネルワイゼンを演奏することが決まっていました。
どうしても弾けなかった時のことを考えて、プログラムにはあえて曲目を載せず、
別の曲に差し替えることも視野に入れておりました。
ところが。驚異の回復力と頑張りで、見事に弾ききりました!
骨折しつつツィゴイネルワイゼンを弾けるバイオリニストは、そうそういないと思います。
王子、ブラボー!!!

今回残念ながら、演奏中の写真がありません。
いつもは忙しい着替えの合間を縫って、ケンジさんが客席から撮ってくださるんですが、
演奏中客席に忍び込んだところ、お客様があまりに集中して聴いていらしたので、
写真を撮るのを断念した、とのこと。
皆さん、しっかり脳裏に演奏風景を焼き付けてくださったことでしょう。

とここまで記したところで、ケンジさんから画像が送られてきました!
さすが!舞台の袖から撮ってくださっていたんですね、ありがとうございます!!!
e0027813_22572144.jpg
e0027813_22574283.jpg
終演後、ロビーにてお客様をお見送り。
コンサートが¥500と良心的なお値段だったからか、物販コーナー大賑わい。
CDを次々購入してくださり、皆さん満面の笑顔で口々に
「昭和館にも行きます!」「リリアナ祭行きます!」と声をかけてくださいました。
ありがとうございます。皆様、近いうちにまたお目に、お耳にかかりましょう~♪


【夏の納涼リリアナ祭】
◎7月23日(水) 江古田「BUDDY
18:30 Open / 19:30 Start
予約¥3,500/当日¥4,000 (+ドリンクオーダー)
※MIYUKI TANGO ツアー応援Tシャツ(青)、ケン爺60Tシャツ(赤)、
リリアナざますTシャツ(緑)着用の方、¥500 OFF!
佐藤美由紀(Pf) 川波幸恵(Bandoneon) 山中裕平(Vn)
ゲスト多数!!!
e0027813_14432949.jpg

【チャペルコンサート】
◎7月28日(月) 昭島「フォレスト・イン・昭和館
13:00 Open/14:00 Start ¥2,500(要予約・定員100名)
佐藤美由紀(Pf) 川波幸恵(Bandoneon) スズキイチロウ(Gt)
ご予約・お問い合わせ 042-542-5555





[PR]
by elfuelle | 2014-07-16 14:47 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
昨日の日中はとても暑かったですね、ピアノを弾くと、
毛穴の位置に毛穴の数だけ汗が玉になって、現れては流れ、現れては流れ・・・
朝から何度水浴びしたことでしょう。

そんな暑さの中、暑さを倍増させるかのようなライブにお越しくださいまして、
誠にありがとうございました!
お陰さまで、満員御礼!!!しかもMIYUKI TANGO Tシャツ着用率高し!!!!!
嬉しい~(*≧∀≦*) ありがとうございます。
会場のお客様が撮ってくださった写真です。
なんか私達洗練されてる?!うれっしい~!!
e0027813_19423125.jpg
さて、MIYUKI TANGO Tシャツですが、現在3種類ご用意がございまして、
プチローズではいつでもご購入いただけます。

まずは、こちらがMIYUKI TANGO ツアー応援Tシャツ。
e0027813_19554012.jpg
元々、7人移動のツアーの経費を捻出するために作りました。
各地で「これを買っていただいてガソリン代にします!」
「買っていただかないと東京まで帰れません・・・!」
と泣いたり脅し(!)たりしながら、着々と買っていただいたお陰で完売。
今回のツアーのために増刷いたしました。
日本地図のところに、訪れた地域をサインペンで塗ってくださったり、
再び訪れた時ライブに着て来てくださったりして、
皆様の応援を直に感じることができます。


続いて、今年1月に「ダンサーケンジ大生誕祭」を行った時に、
記念に作ったTシャツです。これを着てダンスレッスンに励むと、
ご利益ありますよ!
e0027813_22101746.png

そして、今回の東北ツアーにてリリアナさんの故郷、仙台公演で初お目見え!
リリアナTシャツ!!!
リリアナさんの似顔絵イラストは、漫画家しりあがり寿氏によるものです。
可愛いでしょ~♪ しりあがりさんのサインがさりげなく入ってます。
e0027813_22124660.jpg

なんだか、ライブのお礼が、Tシャツ宣伝みたくなってしまいましたが、お許しを!
たくさんのお客様がこれらのTシャツを着て応援してくださって、
とっても嬉しかったのです。

さて、週明けには小平でランチタイムコンサートがありますよ!
1時間の電撃ステージ。お値段、破格の¥500です。
皆様、ぜひ応援にいらしてくださいね~!
Tシャツ持参しま~す\(^o^)/


【ランチタイムコンサート】
◎7月15日(火) 小平「ルネこだいら」大ホール
12:00~ ¥500(全席自由・予約できません。チケット販売当日のみ)
佐藤美由紀(Pf) 川波幸恵(Bandoneon) 山中裕平(Vn)
ゲスト:ケンジ&リリアナ(ダンス)

e0027813_22484403.jpg





[PR]
by elfuelle | 2014-07-13 22:51 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
ツアー日記がまだまだ途中ではありますが、
(新潟公演を一気に書いてしまったら、終わった気分になってしまって・・・
あぁぁ、大丈夫です、ちゃんと全部書きますので、お楽しみに~♪)
本日は、ツアー凱旋公演@東向島「プチ・ローズ」です。
ブログに書けない、あんな話やこんなエピソードを交え、
皆様に「お疲れ様~♪」のねぎらいの拍手をいただくために演奏します。
リリアナTシャツの先行販売もございます。
これを着て今後ライブにいらしていただくと、特典があるんですよ!

ツアーではかなりまとまったサウンド作りになりまして、
なかなか良いライブが続いたんですが、
プチ・ローズではダンス無しですので、
敢えてツアーでやらなかったネタをお聴かせしつつ、
秋のツアーに向けてふんどし締め直したいと思います。

皆様の応援、どうぞよろしくお願いいたします!

暑い時こそ、暑っ苦しいMIYUKI TANGOを、あなたにお届け!


【El Fuelle】
◎7月12日(土) 東向島「プチ・ローズ
20:00~ ¥3,500(1D付)
佐藤美由紀(Pf) 川波幸恵(Bandoneon) 山中裕平(Vn)




[PR]
by elfuelle | 2014-07-12 13:29 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
【6/27(金) 夜ライブ@ALE】

ツアー初日として、これ以上ないほど盛り上がった昼ライブ。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

そもそも、どうしてこのお店で公演させていただけることになったのか・・・
今回お世話になった小野アキ&室館彩御夫妻は、
昨年「地域おこし協力隊」として、元々住んでいた千葉県を離れ、
ここ、新潟県十日町市に移住されました。任期は三年とのことです。
渋さ知らズのご縁から、今回のツアーについて御夫妻に相談したところ、
御夫妻の前に地域おこし協力隊として務められていた方が、
この4月、十日町市内に新しくライブのできるお店をオープンさせたと伺いました。
そのお店がここ「beer&pizza ALE」だったわけです。
色々とやり取りをさせていただき、今回の公演開催の運びとなりました。
後から聞いたところによりますと、このお店のオーナーもミュージシャンとのこと。
いやぁ、なんとも嬉しい出会いです。

ところで、昼の部のおぶりプレイにより、地域の皆さんをぶわっと沸かせた彩さん。
夜は地域おこし協力隊として、地域の皆さんをホタル鑑賞会にお連れするという
任務があるとのこと。参加していただけない・・・うわー、なんて残念。。。
・・・と思っておりましたら、ミュージシャンであるオーナーが
夜の部は演奏に加わってくださることになりました!!!
わーいヽ(*´∀`)ノ こういうことがあるから、ツアーはやめられません。
昼の部が終了し、一息ついている私たちの前に楽器をも持って現れたオーナー。
同世代の、女性ソプラノサックス奏者です。
さっそく譜面をお渡しし、一通りリハーサル。(初見ですよ、初見!!!)
これなら出来そう、ということになり、夜の部参加決定~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
といっても、出番までは、細やかにお店の仕事をこなされています。流石です。
e0027813_00020587.jpg
そして夜の部が始まりました。
昼の部以上に、お客様皆さん既にビールを召しあがり上機嫌なご様子。
なんたってここはビールとピザの店、ですからね。
昼の部同様、サクサクと古典タンゴを自己紹介がわりにお送りして、
いよいよゲストの登場です。
まず、アキさんのガンダーラ。これは外せません。
昼の部よりフリー加減がパワーアップしています。
そして、先程まで客席と厨房を行き来し、忙しく立ち働いていたオーナーが
颯爽と楽器を持って登場です。お客様も真剣に見守ります。
e0027813_23273573.jpg
突然のオーナーのゲスト出演に、お客様大喜び、やったね!
この勢いで、夜の部も最後まで大盛り上がり。
アンコールでは、スタンディングオベーション!!!
さあ、ようやくお店ご自慢のビールを、片っ端からいただいて(笑)
ピザ、ピザ!!!メンバー皆さん、もうお腹ペコペコです。
e0027813_00030402.jpg
e0027813_00032069.jpg
e0027813_00033570.jpg
美味しいビールにピザでお腹を満たしていると、
ホタル鑑賞会任務を終えた彩さんが戻ってきてくれました。
あまりの蛍の美しさに、昨夜私たちを連れて行きたかったと、悔やむ彩さん。
なんと嬉しいことでしょう。その後も皆でわいわいと話が弾みます。
オーナーの高木さんに、共演のお礼にMIYUKI TANGO Tシャツを進呈。
さっそく着ていただいて、記念撮影。
e0027813_23381440.jpg
夜の部のお客様の中には、今朝ほどの保育園にお身内が通われている、という方がいらしたり、
ケン爺60Tシャツについての意味を知り、仰天してお買い上げくださったり、
「感動しました!ギターをやってるんですが、CD聴いて完コピします!」と
全種類のCDをお買い上げくださったりと、物販コーナーも早くも嬉しい悲鳴。
(おつり銭が足りないよ~~~!!!)
ギターパート完コピ宣言の青年とは、来年共演しましょうと誓い合い、
(でも、イチロウさんみたいに弾く人がもうひとりいたら・・・?)
ツアー初日の長い一日が終わりました。
次から次へと運ばれるピザも、あっという間にペロリ。
ご馳走さまでした!明日への活力を思い切り充填して、
今夜はオーナー所有のアパートに泊めさせていただきます。
何から何まで、地域おこし協力隊の皆様にすっかりお世話になった新潟公演でした。

ありがとうございました!!!


※ケンジさんのブログ 
ツアー新潟十日町
ツアー新潟十日町~秋田へ





[PR]
by elfuelle | 2014-07-09 00:15 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)