「ほっ」と。キャンペーン

みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ツアー日記⑥ 神戸

そういえば、神戸「里夢」まで車で行ったことなかったな。
あ、三宮のBig Apple まではいつも車で行ったな。(といっても2回だけど)
なんとなく大阪~神戸間って車では行きにくいイメージがあったし、
一度深夜に神戸から大阪まで帰るのに、
右車線から左車線への合流、しかも4車線ぶった切りして最左車線へ、
そしてそのまま左への分岐、その間200mみたいなのがあって、
こんな私でも肝を冷やしたことがありました。
というわけで、今回初、車で里夢。
ケンジさんにお借りしているナビのお陰で、
スイスイと神戸入り。
六甲の山と、山から見下ろす海は、いいですね。
この日も晴れて、風がさわやか~。

さて里夢。
この日もセッティングを一工夫。
よく響く会場ですが、これでどの楽器も程よく聴こえて、
ステージも客席も良い響きに包まれます。
里夢には、いつもたくさんの神戸ポルテニア音楽愛好会の方々が
応援に駆けつけてくださいます。
ツアーをはじめたばかりの時は、
いったい何者がやってきたんだ???という感じで、
厳しい視線に見守られ(?)、ピアソラも一曲なら許すよと、
そっぽを向きながら聴いてくださったりしていましたので、
演奏するこちらも緊張したものでした。
今となっては、孫(?)の成長を見守るかのような温かい目で応援してくださり、
「また会えるのを楽しみにしていたよー」と声をかけていただいたり、
「あの曲は今日やる?前回聴いて、
あなた方の演奏するあの曲がすっかり気にいってしまって、
今日はとても楽しみにしてきたんだ」などと、
もう、始まる前から私たちを一人ずつつかまえては熱い思いを・・・
ありがたいです、ありがとうございます。

演奏中も、「いよっ!」とか、メンバーの名前を呼びかけてくださったり、
「今のいいねー」などと、掛け声で参加してくださる神戸の皆さん。
もう、皆さんにお会いすると「ただいま!」という気持ちになります。
こうしてツアーを続けていると、あちこちに親戚ができたようになって、
毎年お会いして、元気な姿を確かめ合う、これまた醍醐味ですね。

6月に、九州の「トリオ・ロス・ファンダンゴス」が関西ツアーを行う際、
「里夢いいですよー!」とお勧めしたんですが、
「いやー、6月にね、ファンダンゴスが九州から来てね、
これがとっても楽しくてね・・・」なんて、嬉しいですね~!
「私たち九州や東京で一緒にライブしたんですよ~」
「神戸でもやってや~!」・・・はい、近いうち必ず!!!
「今回ダンスはお留守番か?ちゃんとつれて来てーな。」
・・・は、はい、里夢ならダンスも入れられそうかな。
こうして、いつも演奏を共にする仲間たちのことを
ほめられたり待ち焦がれたりすることって、
こんなに嬉しいことだったのですね!

これからも仲間を増やして、そしてツアー継続するぞっとっと。
[PR]
by elfuelle | 2011-10-25 23:37 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

タンゴセッション

タンゴだけに限らず、音楽はアンサンブルを楽しむことのできるもの。
もちろん一人でも演奏はできますが、
アンサンブルをすることの魅力は格別ですね。

10/22(土)は、タンゴセッションの日です。
何でもいいので、楽器をご持参いただいて(もちろん声もあり!)
一緒に演奏しましょう!
タンゴがはじめて、アンサンブルがはじめて、という方でも大丈夫ですよ!
見ているだけでもOK、知っている曲だけに参加してみるのもOKです。
聴いているだけでも、曲は覚えられますからね!
まあ、とにかく一度お出かけください。
お天気もあまり良くないようなので、紅葉狩りはまたの機会にして、
雨で自室にくすぶっているより、数倍楽しいですから!



【Tango Session】
◎10月22日(土)東向島「プチ・ローズ
15:00~ ¥1,500(+ドリンクオーダー)

ホスト:佐藤美由紀(Pf)スズキイチロウ(Gt)

※どなたでもご自由に参加できます。
タンゴをアンサンブルしてみたい方、ぜひご来場ください。
譜面はこちらにも用意がありますが、ご希望曲がありましたら、5~6部お持ちください!
初めてでも大丈夫です。

お待ちしてます~♪
[PR]
by elfuelle | 2011-10-21 23:58 | 今日のねごと | Trackback | Comments(2)

ツアー日記⑤ 大阪茨木

9/26(月)朝、近鉄四日市駅前の宿を出ると、雨。
あら~。。。大雨降らないといいなぁ。
昨年、ツアーの初日に同じく茨木へ向かう道中、
前が見えないほどの大雨だった記憶が甦ります。
でも、大阪に近づくにつれだんだん空が明るくなり、
渋滞もなくすいすいと現場に到着するころには
うっすらと日が差していました。う~ん、蒸し暑いかも・・・

今回で4回目、お世話になりますGODAさん。
関西圏では、頻繁にテレビCMがかかるなど、
ゴウダを知らない人はいないという、勢いのある会社です。

ゴウダでのPAは、こちらも4年連続でお世話になります、
RAGの野路さん。頼りになります。
今回は、スケジュールの関係で、一旦は断られたものの、
「ミユキサン、その日大丈夫になりました!」とご丁寧にお電話をいただき再会。
お元気そうで何よりです。でもご無理は禁物よ!

お昼過ぎには現場についてしまっていたために、
今回はセッティングから立ち会うことができました。
「ステージの大きさも変えられるんですよ」・・・そうか。
松葉杖の川波がステージに上がりやすいように、
動線をうまく確保しつつ、立ち位置を少し変えてみようか。
バンドネオンを、三角形の頂点に、
そこから裾広がりに他の楽器が取り巻きます。
全員の音がお互いによく聴こえます。
モニターのないこのくらいのサイズの会場では、効果的かも。
視覚的にも、バンドネオンがよく見えるしね。

こちらの会場では、リピーターのお客様が半数以上。
毎回ありがたい限りです。
社長さんも、毎年一番前の席で熱心に聴いてくださいます。
タンゴ、好きになってくださったかな?
また来年も、と言っていただきました。嬉しい~!

2007年にお世話になった、同じく茨木の「けいあいの舎」Kさんも
駆けつけてくださいました。
そして、ツアーを始めた年からずっと聴きにいらしてくださっている方も。
毎年大阪で再会して、懐かしい気持ちになりつつ、
「演奏が毎年変化して面白い」と言っていただけると、
本当に続けてきた甲斐があります。
まだまだ続けられるように、体調管理して、身体鍛えておきます~!

ありがとうございました♪
[PR]
by elfuelle | 2011-10-20 13:26 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

雑司ヶ谷

今日は、雑司が谷に行きました。
7月のライブのお礼と、New CDをお届けするために、
なかなか行けなかった「El Choclo」に行ったのです。

店主伊藤さんと、伊藤さんの元お仕事仲間の方と、
和やかに音楽&地方談義。
しばらくして伊藤さんが「今夜はお祭りがあるから
早めに店閉めようかな」と言い出しました。
お祭り???
そういえば、都電の鬼子母神の駅前がなにやら賑わっていたなぁ。
伊藤さん、かけていたタンゴのレコードを一瞬止めて、
「・・・ほらね」
ほんとだ、遠くお囃子が聴こえてきます。
「僕は店番があるから、お二人は是非見たほうがいいよ」
と言っていただき、初対面の方と、なぜか二人でお祭りに。

私、胸がいっぱいになってしまいました。

e0027813_2471111.jpg


e0027813_2472272.jpg


子供をおぶった若~いお母さんから、おじいちゃんおばあちゃんから、
小学生、いやもっとちっちゃい子から、イケイケのお兄ちゃんお姉ちゃんまで、
とにかく半端ないエネルギーを発しまくり。
しかも、彼らは決して観客に見せるためにやっているのではない、
自分たちが心から楽しむためにやっている。
それが、もう地面から伝わるんです。
うるうる~。。。私こういうの弱い。
同行してくださった、たまたま北海道は網走から出張でいらしていた
El Choclo店主伊藤さんの知り合いの方も、(長い 笑)
こういう土地のお祭りっていいなーと感激してました。

鬼子母神って、神という字が使われていますが、お寺さんなんです。
このお祭りは「御会式」と言って、日蓮聖人の忌日に営まれる法会なのだそうです。
サンバカーニバルか、というほどの太鼓パフォーマンスと、
闇に浮かぶ素晴らしい万灯。
激しいのに、どこか儚い。これぞお祭りですね。
[PR]
by elfuelle | 2011-10-18 03:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

本日本八幡ライブ!

今日は私の地元本八幡でライブです。(強風だけど・・・)
沙羅のママからツアー中に電話をいただき、
「これから毎晩ライブをやろうと思うの。
シャンソン定期ライブ、若手応援ライブ、そしてミユキサン達の日も作って、
活気のある街づくりをしたいの。
昼は喫茶店。
ここにくれば上質の音楽とコーヒーがある、と、
いつでも気軽に立ち寄ってもらえるようにするために、
ライブはやはり毎日やらないといけないわ!
新システムのオープンの日を10/15(土)にしたいんだけど、
オープニングライブをやってもらえないかしら・・・」
・・・なんとも熱心なママさんです。

しかも、本日は特別料金!
1ドリンク付で¥1,000です。短めに3ステージ、の予定です。
騒々しい駅前から、ふらりと立ち寄って一歩お店に入ると
¥1,000でタンゴとドリンクが楽しめるのです。
1ステージからお楽しみいただけます。

ふらりと一休みにいらしてください~♪
雨宿りにも最適です~

【Duo】沙羅 Renewal Open 記念ライブ
◎10月15日(土)本八幡「沙羅
19:00開演 ¥1,000(1Drink付)

佐藤美由紀(Pf)スズキイチロウ(Gt)
[PR]
by elfuelle | 2011-10-15 09:45 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアー日記④ 四日市

浜松公演の翌日は、四日市への移動から。
連休最終日だし、日曜日だし、渋滞していないといいなぁ。

四日市は、今回初めて演奏に訪れる場所です。
初めての土地は、ドキドキ(お客さん来てくれるかな・・・?)と
ワクワク(どんなところかな~どんな人たちかな~???)が入り混じった気持ちになります。
こうして色々な土地を廻っていると、
その土地その土地の人や食べ物などから、それぞれの文化を肌で実感できます。
この小さな日本の中にも、たくさんの文化があるんですね・・・
立ち寄る飲食店、ガソリンスタンド、宿の方々の笑顔や振る舞い、
サービス精神やこだわり・・・
たまたま接したその方だけのこと、ということももちろんあるんでしょうが、
なんとなく傾向というか、そういうものに地域性を感じます。
それを踏まえたうえで、こちらも演奏に臨む、ということはよくあります。
私たちはこうなんだー!!と一方的に訴えるだけでなく、
それぞれの土地の方の求めるもの、接点をうまく見つけて、
そこを通して、演奏を聴いていただく。
思いやりのひとつですね、きっと。
なーんて!思いやりもまだまだ勉強中の私・・・

さて、四日市までは渋滞もなく順調に到着。
お世話になる「Galliver
e0027813_11551100.jpg

こちらでは、タンゴライブは初めてとのこと。
マスターは大変ハートの熱い方で、細かい要望に熱心に応えてくださいました。
重厚な木造の、吹き抜けの建物。建物そのものがまるで生き物のようです。
聴く場所によって、音色は豊かにその表情を変えて行きます。
客席で聴いていると、音に包まれているようです。
この会場はアップライトピアノでしたので、
ピアノの奏法も一工夫。

開演30分前、控室から窓の外をのぞくと、
お店の周りになにやら人だかりができています。
なんだろう???
お店の周りは、川が流れ、土手があり、目の前は小学校。
日差しはまだまだ暑いですが、川からの風が心地いい~!
いよいよ開場時間となると・・・
あれれ!表にいらした方々が、続々入ってきてくださいます。
あっという間に、会場は満席に。嬉しい~♪ すでに感激です!

演奏が始まると、皆さん熱心に、身を乗り出して聴いてくださいました。
私のMCがトチルと、「○○よ~」なんて、客席から教えてくださったり・・・
良い音に包まれて、こちらも気持ちよく演奏できました。
こ~んな大きな花束をいただいてしまいました!
e0027813_1172289.jpg

終演後は、「楽しみにしていた、来て良かったよ~」
「はじめて聴きました、また来てね~!」と、
皆様笑顔で帰路につかれました。
四日市の方は、優しくて温かいな~
そして何とびっくりは、コントラバスの東谷さんのお母様が
ご友人と聴きにいらしてくださったこと!わー、ありがとうございました!

こんなにお客様に恵まれましたのも、中部サロン・デ・タンゴのNさんのお陰です。
事前に新聞やラジオで、たくさん宣伝してくださったようです。
本当にありがとうございました!
また行きます、四日市!!
[PR]
by elfuelle | 2011-10-14 11:23 | 今日のねごと | Trackback | Comments(2)

ツアー日記③ 浜松

甲府から浜松までは、精進湖ラインがお勧め、と
タクシーの運ちゃんに教えてもらって、いざ浜松へ。
晴れてはいたんだけど、上空は雲がかかっていて、
富士山のアップは見られず・・・

サービスエリアでマグロのテール煮定食。
白いご飯が食べたいなぁと思っていたところでした。
(ほんとはご飯おかわりしたかった・・・)

e0027813_23311312.jpg


たらふく食べたら、眠くなって困りました。
眠い目をこすりこすり、懐かしい「ユパンキ」に到着。
芸術工房なんですね、ここは。
一歩中に入ると、たくさんの彫刻、絵画、オーディオ、マイクが、
所狭しと会場を埋め尽くしています。
それら一つ一つに、オーナーSさんの魂が宿っているようです。
天井に仕掛けられた無数のマイク。
更に「このマイクはどうか」「こっちでは?」と、
次から次へ秘蔵のマイクが飛び出し、音色の聴き比べが始まりました。
と言っても、この日マイクを使うのはギターだけ。
あとの楽器は生ですが、コントラバスの低音など
とても豊かに響いて気持ちがいい会場です。

さて本番。
メンバーも寄り添って演奏する感じですが、
お客様もまた間近で、いいですね、こういう空間。
私たちの鼻息ももちろん届いたことと思われますが、
お客様の呼吸もこちらに伝わってきます。
紡ぎ出される音がリアルで豊かで、手に取れそうな感じがします。
素晴らしい音空間の中で、あっという間の2ステージ。
ご来場くださいました皆様と、オーナーSさんありがとうございました。
終演後は、Sさんお手製の美味しいカレーをご馳走になり、
ほっと人心地。(あ、夢中でいただいてしまって、写真を撮るの忘れた!)
更に宿まで送っていただいちゃいました!
何から何まで、大変お世話になりましてありがとうございます。

また行きますね、浜松!(今回はちゃんと言えましたYO。)
[PR]
by elfuelle | 2011-10-12 23:53 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
車内でお弁当をいただきつつ。
8月に一度この道を通って
渋滞のなか同じように桜座に向かっていたので、
夕方までに着けばいいという気持ちで、楽チン走行。
あ、途中運転を代わってもらったというのも楽チン要因でしたYO!

時折雨がパラパラ。
楽器搬入時には降らないでね・・・
降ったり晴れたり、渋滞したり流れたりしながら、
予定より早めに桜座到着。
e0027813_19551290.jpg

入り口は普通にビルの一階のような感じなのに、
中に入った途端の異空間。「座」といえばこれ。
桜座座布団。お客様はこれに座って鑑賞します。
e0027813_203572.jpg

ちなみに、「座」つながりで、昨年の八千代座の座布団はこれ。
e0027813_207341.jpg

ほ、欲しい・・・座布団売ってないのかな・・・?

桜座の開座は明治9年とのこと、八千代座より古い歴史があるのですね。
ただ、時代の流れに逆らえず、昭和5年に一旦姿を消す形となりました。
今、桜座と共に甲府の街に活気を取り戻そうと、
たくさんの方々が力を合わせて頑張っています。
こんな素晴らしい芝居小屋があったなんて知らなかった、という方にも、
私たちの活動を通して知っていただけたら・・・こんな嬉しいことはありません。

桜座龍野さんにコーヒーを淹れていただき、
あれこれ話すうちにメンバー続々登場。
(・・・今回は現地集合でした。)
時間をかけて、念入りにサウンドチェック。
同時に照明チェックも入ります。
現場はスタッフの歯切れの良い声が飛び交い、
活気に溢れています。
e0027813_22274073.jpg

いよいよ開演。
連休初日の祝日ということもあり、
東京からもお客様が!若い方も!嬉しい嬉しい!
甲府の皆様はこの場所での公演を観慣れている様子、
落ち着いた面持ちで、静かに鑑賞してくださっていました。
今回のツアーでは、この日限りのケンリリさんは、
相変わらずの熱のこもった演技。
初めて、五重奏とダンスという編成を体験した、という方が、
ケンリリさんのダンスを観て、「あれはダンスという枠におさまりきらない、
リリアナさんは女優さんのようだった」と言っておられました。
ホントにそうですね、桜座というハコがそうさせるのか・・・それとも???
写真はケンジさんのブログをご覧ください。
今回は、ケンジさん撮影のものだけでなく、
昨年の八千代座のときに演出助手をしてくださったCAMAさんが来てくれて、
思わずカメラ渡して撮影お願いしちゃいました!
私たちのことはケンジさんが合い間に撮ってくださる・・・とはいえ、
今回はツアーでご一緒なのがこの日のみなのでスペシャルバージョン、
一曲おきに着替えて登場していただいたため、
写真を撮る余裕はあまりなく・・・
ダンサー使いの荒いバンドで(あいや、わたしで)すみません!

開演直前、桜座の龍野さんから
「記録を残して良いですか?」と言われました。
あ~、録音かな?どうぞどうぞ、むしろありがとうございます。
始まってみると、ステージの暗闇からビデオカメラが。
うわー、動画かぁ、あんまりアップにしないでね・・・

終演後、片づけをしていると、
劇場入り口の桜座カフェの壁面に、
たった今のライブの模様が、既に編集された状態で映し出されています。
素晴らしい~!メンバー一同、思わず見入ってしまい、お尻に根っこが・・・

この日の宿は、桜座から少し離れたところではありましたが、
離れの平屋の和室貸切というところ。
一日限定二組を運良くゲットしました。(祝日なのに!)
チェックインの時に、宿の方に
「離れなので遅くまで騒いでも大丈夫ですからね!」と言われていましたが、
騒ぐまもなくあっさり撃沈。
早くも初日で力を使い果たした私たち・・・


続く
[PR]
by elfuelle | 2011-10-10 23:06 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアー日記① 麹町

結局午前3時過ぎまで、旅支度。
普段はあまり感じなくても、留守にする間の事を考えると、
家の中をできるだけ片付けておきたい。
ちょうど季節の変わり目なので、
寒くなっても大丈夫なように、小猿たちの厚手の洋服も引っ張り出して、
布団も用意。

さて。

うとっとしたらもう朝。
通常通りまずは小猿たちを送り出し、洗濯。
天気が良くてよかったなあ。
した道を通り、麹町へ。
あれま、一時間も早く着いてしまったわ。

ツアーの初めは、みやぎ夢フォーラム主催のチャリティーコンサート。
なんと朝10:30開演という、午前中本番。
車の中で待機していたら、川波が松葉杖で登場。
うわぁ・・・話には聞いていたけど、そんなにひどいのか・・・
荷物は持ってあげるし、移動はミユキ号だからいいとして、
演奏は大丈夫なんだろか・・・?
私より本人が不安そうなので、ここはあまり心配を顔に出さず、
簡単にサウンドチェックを済ませる。
もともとクラシック仕様のホールで、響きがよく、ほっとする。
ただ、ステージの段差が、松葉杖では上がれないことが判明。
急遽ステージの高さを低くしてもらって、本番開始。

一曲目の前に、私がご挨拶。
まだ川波は舞台袖。バンドネオンはすでにステージ中央にスタンバイ。
そう、川波は松葉杖により両手がふさがっているから、
楽器を持ってステージに上がれないのだ。
私は、私とイチロウさんの紹介をして、さっさと演奏開始。
(ここでの演奏はトリオ編成)
イントロをイチロウさんが弾き始める。
そこへ川波が袖から松葉杖で登場。
客席がわずかにどよめく。
川波が着席して、松葉杖を置き、楽器を手にしたところで・・・
テーマの演奏開始!
なかなかイカシタ(?)演出で、お客様も拍手喝采!
演奏はいつもどおりの危なげないパワフル演奏でばっちりキマリ!
いやー、ほっとした。
お客様皆様、わたしの曲解説にもうなずきながら、
真剣に聴いてくださり、ありがとうございます。

もし次回があるのなら、川波は楽器片手にスキップで登場しますから、
どうぞ皆様お楽しみに!
みやぎ夢フォーラムの皆様、
K様はじめ、お気遣いいただき、手を貸してくださった皆様、
ありがとうございました。

終演後は、美味しいお弁当をいただいたので、
車内で順番にいただきつつ、渋滞の中央道を甲府へ。
今回のツアーは、初日にいきなりダブルヘッダーというスタート。
とにかく、わき目もふらずに甲府へミユキ号を走らせました。


続く~♪
[PR]
by elfuelle | 2011-10-09 21:39 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

明日は・・・

ツアーから帰ってきて、初めてのライブです。
皆さんいらしてね!

【Duo+これリ】
◎10月8日(土)東向島「プチ・ローズ
20:00~ 2ステージ ¥2,500 (1ドリンク付き)

佐藤美由紀(Pf)スズキイチロウ(Gt)
ゲスト:これり(Vo)
[PR]
by elfuelle | 2011-10-07 22:06 | スケジュール | Trackback | Comments(0)