みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

台風?

あれ?
台風・・・だったっけ?
あっけなく通り過ぎてくれてよかったですね。

というわけで、予定より一日遅れのタンゴセッション、
お待ちしてますよ!
タンゴ演奏してみたい人、(初めての方大歓迎です!)
タンゴ歌ってみたい人、
見てるだけ、聴いてるだけもOKです。

【タンゴセッション・ミユキタンゴ倶楽部 Vol.3】
◎10月31日(日) 東向島「プチ・ローズ
emoticon-0171-star.gif15:00〜  参加費¥1,500 (+ドリンクオーダー)
セッションホスト : 佐藤美由紀(Pf)、スズキイチロウ(Gt)
※どなたでもご自由に参加出来ます。お誘い合わせてご参加ください♪
※こちらでも楽譜の用意はありますが、 楽譜をお持ちの方は5〜6部お持ちください !
[PR]
by elfuelle | 2010-10-31 00:51 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
皆さま

本日予定されていたタンゴセッションですが、
台風のため、明日に延期になりました。
予定してくださっていた方々、大変すみません。

明日なら参加できるという方、
明日は日曜日なので15時からです。

皆様のご参加お待ちしています。



【タンゴセッション・ミユキタンゴ倶楽部 Vol.3】
◎10月31日(日) 東向島「プチ・ローズ
emoticon-0171-star.gif15:00〜  参加費¥1,500 (+ドリンクオーダー)
セッションホスト : 佐藤美由紀(Pf)、スズキイチロウ(Gt)
※どなたでもご自由に参加出来ます。お誘い合わせてご参加ください♪
※こちらでも楽譜の用意はありますが、 楽譜をお持ちの方は5〜6部お持ちください !
[PR]
by elfuelle | 2010-10-30 11:30 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

El Choclo

明日29日は、今月初めに密やかにオープンした
タンゴバー「El Choclo」での演奏です。
e0027813_19113067.jpg


そのたたずまいも趣があり、また音が大変美しく響く空間なので、
楽しみにしていてくださいね♪

e0027813_1983470.jpg



皆さまのご来場、お待ちしています~♪
[PR]
by elfuelle | 2010-10-28 23:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

エアジン動画

エアジンライブ、ご来場ありがとうございました!
客席には、大変ありがたいことに、
ダンサーケンジ&リリアナさん、
そしてツアーでは音響で大活躍してくれたまのりんが。
ありがとうございます。

マスター梅本さんが、さっそく動画をアップしてくださいました!



ブログには写真も!

マスターありがとうございました。


ホームページ更新しました!
[PR]
by elfuelle | 2010-10-27 02:48 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

エアジンでライブ!

明日は横濱「エアジン」でライブです。
イチロウさんの新曲もやりますし、
ほかにも初公開ものを用意してますが、
とにかく、いつもの曲も今回はこんなアプローチ。
これは、譜面には表せないので、いつもの通りその場のアンテナで。
タンゴなんだけど、ミユキタンゴなんです。
皆さまぜひいらしてください!

ツアーの話もちょっとはしようかな。
いやいや、音にツアーの様子は出てますから、
言葉は必要ないかな・・・


【El Fuelle】秋のミユキタンゴ
◎10月26日(火)横濱「エアジン
19:45~ 2ステージ ¥2,500 (+ドリンクオーダー)
横浜市中区住吉町5-60  TEL : 045-641-9191
佐藤美由紀(Pf)、川波幸恵(Bandoneon)
山中裕平(Vn)、スズキイチロウ(Gt)、清水良憲(Cb)


ちなみに、前回の「夏のミユキタンゴ」の様子はこちら ↓




お待ちしてます~♪
[PR]
by elfuelle | 2010-10-25 19:16 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
そういえば、パソコン変えたので、
まだ慣れなくて使いにくいです。

あー、そう書いたそばから、勝手に送ってしまった・・・
まだ途中なんだよ~emoticon-0106-crying.gif


そうそう、追加のスケジュールの話、
先日このブログでも紹介した、タンゴバー「El Choclo」での演奏です。
e0027813_7134321.jpg

場所はこちらですよ ↓
e0027813_017496.jpg

うまく画像が貼れました~emoticon-0137-clapping.gif
皆さん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!
とっても落ち着ける、大人の空間です。
なにしろ音の響きが良いのには本当に驚きますよemoticon-0105-wink.gif



【Duo】
◎10月29日(金) 雑司が谷「El Choclo
19:00~ 2ステージ ¥2,000
豊島区南池袋3-2-8  03-6912-5539
都電「鬼子母神」または副都心線「雑司ヶ谷」駅 徒歩5分。
こんもり緑の茂る「大鳥神社」が目印。
この神社の前の道からいっぽん路地を入ったところです。

佐藤美由紀(Pf)、スズキイチロウ(Gt)


お待ちしてます!
[PR]
by elfuelle | 2010-10-18 23:58 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

Autumn Tour 2010 ツアー日記

【Autumn Tour 2010 ツアー日記】

出発

神戸〜広島

博多

博多〜大分

大分2Days

大分〜熊本

熊本〜山鹿

そして八千代座

ミユキタンゴ、いざっ八千代座 ! !

八千代座写真館(ダンス編)

八千代座写真館(演奏編)

八千代座写真館(肝)

八千代座〜久留米

フェリー〜伊勢

伊勢


【このツアーの日記を書いてくださった方々】

トリオ・ロス・ファンダンゴス

いわつなおこさんの日記

秋元多恵子さんの日記

あれ?あと1人は・・・? まだかいな !


ダンサーケンジさんの日記

カメラマン大久保さんの日記

CAMAさんの日記

広島でお世話になった大槻さんのブログ

大分ライブを聴いてくださった方のブログ


皆様、大変ありがとうございました〜 !
mixi内では、もっと色々な方が書いてくださっていますので、
良かったら私のページから辿って見てくださいね♪
[PR]
by elfuelle | 2010-10-13 23:47 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアー日記 : 伊勢

さて、まのりん号とお別れして伊勢に向かう私達。

すみません、ここからの日記はというと、
ケンジさんという名カメラマンも、本物のカメラマン大久保さんも居ないため、
ガクっと写真が少ないです・・・すみません。

伊勢道に入ると、どんどん緑が濃くなって行く。
そしてクッタクタのはずなのに不思議とエネルギーがみなぎってくる、
さすが、大きなパワースポットに近づいています。
お昼ちょい過ぎに伊勢西インターを降りる。
まずは今日の現場をチェックし、会場の大きさと音響確認。
本日の会場は、伊勢市にある西洋家庭料理「ぼうがいっぽん

っとここで、どーんとお店の写真をアップするところなんですが、
私達は、こうしていつでも初めての現場に乗り込んで演奏しています。
もちろん外観が素敵なのはその場で大変感動している訳なのですが、
最も気になるのはやはり「音」ですから、
とにかく一刻も早く会場の音の状態をチェックしたい気持ちがはやります。
(というのは言い訳で、すみません、誰もお店の写真撮ってないんです・・・)
このレストランの二階部分で演奏です。
ピアノはアップライトながら、ふたを開けると私にとっては響き過ぎます。
うまい具合に「ふたを軽く浮かせて」の演奏に決定。
こういう小技も、ツアーの経験を積んでこそなせる技です。
この日のようにこぢんまりとした会場は、実はかなり得意になってきました。
マイクに全く頼らずとも、迫力はうまく伝えつつ、うるさいと思われないように。
もちろん、音響面だけでなく、演奏内容としてもかなりの工夫をしているんですよ。
八千代座のような大きな会場ももちろん大好きなんですが、
ここ、ぼうがいっぽんさんのような、
お客様の息づかいをこちらが感じられる距離でのステージというのは、
その反応の度合いをメンバーが同時に、しかも自発的に感じることによって
より一層チームワークが高まるので、んもぅ病み付きです。

軽く音響チェックとセッティングをイメージさせていただいて、
本番まではまだかなり時間があるので、周辺を観光することに。
伊勢神宮周辺はこの日、大変混雑していて、駐車場は一時間待ちでしたので、
「伊勢志摩スカイライン」を通って、鳥羽の方へドライブ。
あれれ、あんなに美しい景色の中をドライブしたのに、写真がないよ !
(ですから、皆様ご一緒にご想像ください)
登りは、雲ひとつない青空の中に、山々をかき分けて突っ込んで行く感じ、
下りはと言うと、これまた山の急斜面から目の前に広がる海の中に、
まるでジェットコースターのように急降下。
車の窓を開けて走ると、風を切ってなんとも気持ちいいです。

ちょうどこの頃、先ほど別れたまのりん号からメール。
「今、浜名湖でうな丼とウナスパのランチです〜♪」

e0027813_22232737.jpg


e0027813_2224073.jpg

くぅぅぅ〜、私達もうお腹ペコペコなのよ、
いいなー、うな丼にウナスパ。
という訳で、伊勢志摩スカイラインを通って山を登って下った、
街道沿いの「海の幸〜」という幟の立っているお店に突入。
(あれれ、写真がない〜)
店内には、「伊勢海老解禁」の文字が大きく踊っています。
e0027813_2231347.jpge0027813_22313950.jpg

















左の写真は「伊勢海老御膳 ¥5,000」、右の写真は「海鮮丼 ¥1,000」
とりあえずまのりん号に左の写真を添付し(実はこれ、メニューを撮影した)
「こちらは伊勢海老御膳」というメールを送る。羨ましいという内容の返信メールを横目に、お腹が空いていたので海鮮丼を一気に平らげました。うひひ。
お腹もいっぱいになったところで、国道を通り伊勢市街に戻る。
そしてホテルにチェックイン。
私実は、この時ホテルでの記憶が全くありません。
部屋に入るや否や大爆睡していたらしい。
セットしておいた携帯アラームが鳴って、「私はどこ?ここは誰?」との寝ぼけ眼。
顔を洗って、車を出して、再びぼうがいっぽんへ。

大変残念なことに、この日は市内でお祭りがあったそうで、
お客様はかなり少なめ。
それならば、それならば。
そのお祭りに行かずに、私達のライブを選んでくださった方に、
とにかく喜んでいただきましょう。
お客様のお一人が書いてくださったブログ。写真付きで紹介してくださっています。
ありがとうございます !
お客様の拍手の音圧で会場が充満し、
瞬きする空気の余裕も残っていないというほどの大拍手。
皆様大変熱心に聴いてくださって嬉しいです。
マスターがノリの良いかけ声で参加してくださった曲も。
嬉しい嬉しいです。
曲によっては、その曲が終わったあと、最後の音の響きが完全に消えるまで、
皆さん息をのんで、じっと耳を傾けてくださる。
そのことをこちら演奏者側が感じられるほどの一体感。
このようにお客様との距離が近い会場ならではのこと。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。
そしてマスター ! !
初出演の私達、一体どんな得体の知れない集団とも知れぬ私達を
熱く熱く、心を込めて歓迎してくださり、ありがとうございます。
次回、お祭りに重ならない時に、懲りずに押しかけます。
もっともっとたくさんの伊勢の皆さんに私達の演奏を聴いていただきたいです。
そして、マスターとももっともっとたくさんのお話をさせていただきたいです。
ありがとうございました〜 ! ! !

・・・

こうして、このツアーの最後の演奏が終わりました。
あとは私が、安全運転でメンバーの皆さんを無事に送り届ける、という仕事を残すのみ。
各会場にお越しくださいました皆様、
応援、協力してくださったたくさんの皆様、
ありがとうございました。
メンバーの皆さん、お疲れ様でした〜 !
[PR]
by elfuelle | 2010-10-12 23:30 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
ふかほり邸での演奏のあと、CAMAさんとお別れした一行は、
新門司港のフェリー乗り場へ。
この日は連休真っ最中の週末だったため、
渋滞を考えてとにかく早めに目的地へ。
運良く、到着したのはチェックインの一時間も前。

e0027813_2327424.jpg


船に乗り込みまず夕食。
翌日はケンリリさん&まのりんとお別れなので、
この日が実質上の打ち上げ。
海の上で打ち上げなんて、素敵♪
写真は、真っ先に食べ物をチョイスして席に着いたみんな。
私の隣の席が空いているのは、
しー様がいつまでもいつまでもいつまでも、
メニューが決まらずに、なかなか戻って来なかったから。
乾杯するんだから早く〜 ! !

ようやく席に着いたしー様、ようやく乾杯。
今回も色々と過酷であり色々と面白かった、皆さんありがとう〜♪
笑顔独り占めのしー様。
この、右手がポイントです。

e0027813_2332755.jpg


e0027813_23333063.jpg


食堂閉店後は、ロビーのソファーで、いただいた焼酎やワインの二次会。
順番にお風呂に入りつつ、「今だから言うけどね・・・」な内緒話炸裂。
でも、よかった、今回はボロ泣きを覚悟していたのですが、
本当に何度も書くけれど皆さまのお陰で、何とか無事に過ごせました。
そして、一番大変だったのはメンバーのみんなでしたね、
きっと途中で投げ出して帰りたかった人もいたことでしょうが、
最後までこうしておつき合いくださってありがとうございました。
ケンリリさんとも、また新たな境地が見えてきました。
ミユキタンゴは、これからもケンリリさんと共に歩ませていただきます ! !

・・・

翌朝、6時過ぎに船内アナウンスで起こされる。
なになに、明石大橋の下を通過とな。
寝ぼけ眼で起き出してみたら、まのりんとばったり。

e0027813_23533195.jpg


「ミユキさん、日の出のお時間です〜」と独特の語り口調で
一緒にデッキに連れて行ってくれました。
雲の切れ間から朝日がまぶしく覗きます。
橋の下を通過。

e0027813_23545269.jpg

e0027813_00192.jpg

しー様は熱心に携帯で写真撮影。
この美しい景色を誰に見せるのかな?

e0027813_23592953.jpg


e0027813_034440.jpg




このあと、無事に大阪南港に到着し、
二台の車の荷物を積み替えます。

e0027813_23572662.jpg


ミユキ号、今日東京に帰ってしまうまのりん号、共に習志野ナンバー。
まのりん号はパンパンに膨らんで、ボディが地面にくっつきそうです。

さようなら、まのりんとケンリリさん、
気をつけて東京まで帰ってね。

e0027813_074747.jpg


私達も気をつけて伊勢に向かいます。

e0027813_092865.jpg

[PR]
by elfuelle | 2010-10-11 00:15 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
という訳で、たくさん撮っていただいた写真で八千代座公演を振り返ってみました。
そう、お酒の席のひと言から始まった今回のこの公演、
こんな伝統ある、日本を代表する建築物の中で、
数ある正統派タンゴ楽団を差し置いて、さも当然と言う顔をして、
堂々と「これがミユキタンゴです」みたいなのをやってしまった訳ですが、
しかも、この会場でタンゴ公演は初めてだったのですね。
100周年という記念の年に、こうしてご縁をいただけたこと、
関わって支えてくださった全ての方、応援してくださった皆さんに
改めて心から感謝いたします。ありがとうございます。
私達の公演翌日は稲川淳二「怪談ナイト」

e0027813_13392312.jpg


会場の持つ魔力に助けられ、また鍛えられ、
色々と学ばせていただきました。
それぞれの思いを胸に、翌日は朝8時半にホテルロビーに集合。
昨日東京からすっ飛んで来て、一日中スタッフとして動いてくださったミッシーと涙のお別れ。
おっと、既にホテル前で待機している、アルファロメオのCAMAさん
素晴らしい、昨日打ち上げも最後までおつき合いいただいたのに、
まるで有能な秘書のような働きぶり。

e0027813_14114492.jpg


久留米「ふかほり邸」は、PA設備が全くないと聞いていたので、
音の響きによっては機材総出しで、しかもお昼のコンサートのため、
かなり短い時間で仕込まなければなりません。
そのことを知ってか、この日の九州観光の予定を変更し、
私達に連行、いやいや、進んでスタッフを買って出てくれたCAMAさん。
頼もしい仲間がまた1人。広がって行くミユキタンゴファミリー。ありがたくて涙出ます。

e0027813_14185216.jpg


CAMAさんはミユキ号にぴったり追走。
この、ミユキ号の前にはまのりん号が先導。
頼もしい仲間に挟まれて、安心安全運転のミユキ号。
爽やかな久留米の朝を快走します。

着いた ! 「ふかほり邸」←クリック ! ふかほり邸ブログで当日の様子が紹介されています。

e0027813_1424273.jpg


一歩門をくぐると、4千坪の広大な敷地。
旅もいよいよ終盤、ここまでの充実感と疲労感と、そして様々な思いを胸にした私達を、
柔らかな木漏れ日が迎えてくれます。
コンサートは、180年に渡って受け継がれた旧家を改築した母屋にて。

e0027813_14313140.jpg


ここに、みんなで椅子を並べ、会場を創ります。
このスペースに、奏者とダンサーとお客様が入るのです。
なるべく間近で私達の息づかいを感じて欲しいという思いから、
ケンジさんがスペースを工夫してレイアウトを考えてくれます。
幸運なことに、音の響きは大変良かったので、生音仕様で。
ピアノは・・・見て見て、猫足よ♪
今回のツアーでは、広島、博多という、ハコ自体が共鳴するような会場と、
そして金色温泉、ここふかほり邸と、木造日本家屋の独特の響きを生かした会場と、
もちろん色々と工夫はしましたが、大変会場に恵まれました。
心置きなくステージに集中出来ます。

密集ミユキタンゴ。
太い梁が抜群のアクセント。

e0027813_14412432.jpg


ケンリリさんは1人でも多くのお客様に間近に楽しんでいただこうと、
客席のわずかな隙間にも入り込んで踊ります。
こんなダンサー、世界中でこのお二人しか居ないですよ、本当に。
ご一緒させていただけて、改めて幸せな気持ちでいっぱいです。
予定に無い曲でも、次々と踊る、踊る・・・

e0027813_14425780.jpg


客席後方でも、こっそり踊る、こんな素晴らしい笑顔で !

e0027813_14432289.jpg


ここ福岡は、川波の故郷。
バンドネオンの解説と共に、川波を讃えて。
あ、私妊婦みたいな格好だけど、妊婦じゃありませんので。
窓の外は鮮やかな緑が、太陽の光を浴びてキラキラ〜

e0027813_14483648.jpg


一時間という短いステージでしたが、お客様には大変喜んでいただけました。
このあとお庭を散策したり、温泉に入ったりと、
思い思いに楽しまれた様子。
私達も、食材は全てこの敷地の中で栽培&飼育されているという、
美味しくて、身体の喜ぶお食事を・・・

e0027813_14535958.jpg


e0027813_1454372.jpg


あれれ、しー様感動して泣いてる ! !
優しく見つめるまのりん。
おかまいなしにもくもくと食べ続けるその他のみんな。

e0027813_15145029.jpg


おかわり、おかわりと、猛烈な勢いで消費。
おー、細胞のひとつひとつが目覚めます。

e0027813_15155072.jpg


本番前、豪華な控え室で倒れ込むおじさん2人。
仲良くおんなじポーズで。

e0027813_1544964.jpg


そして緑の中の天然温泉。

e0027813_1514352.jpg


女湯には、コンサートを聴いてくださったお客様がまだたくさんいらして、
私とリリアナさんが入ると「あらぁ〜♪先ほどはどうも〜♪」
まさに裸の付き合い。
粘りのあるお湯で身体を流しながら、
「タンゴのダンスって・・・」とか「昨日は八千代座でね・・・」なんて会話も、
微笑ましくていい想い出です。(但しハダカ)

ご来場くださいました皆様、ふかほり邸でお世話になった方々、
本当にありがとうございました。
このあと、CAMAさんと涙のお別れをして、
私達は大阪南港に向かうため、新門司港へと急ぎます。
[PR]
by elfuelle | 2010-10-10 15:25 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)