みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2009年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ツアーレポ・札幌その2

翌日は1日オフ。
若者は観光に出かけたようですが、
私はその翌日からの行程を考えて、外出はやめておきました。

明けて次の日は、昨年お世話になって大変盛り上げていただいた、
藻岩山の麓、「りびあん」でのライブです。
当日はあいにくの雨模様でしたが、
開演が近づくにつれ、続々とお客様が。

私は3年前母と二人で北海道旅行をした際に、
折角来たんだから北海道でソロライブをしよう ! と思い立って、
琴似の辺りでライブをしたんですけれど、
りびあんのオーナーTさんは、その時にお客様としていらしてくださって
「ぜひ私のところでも演奏してください ! 」
とお名刺をくださっていたのでした。
そんな素敵な出逢いから、昨年はツアーの初日としてライブさせていただき、
そしてまた今年も、温かく迎えてくださいました。
e0027813_22533445.jpg

↑ 開演前にいただいた、手作りのハンバーグとマッシュポテト♪
もう、ホッペが落ちました〜♪ ♪ ♪

オーナーTさんのブログには、
まずはタンゴに対するイメージとタンゴの生い立ち
→ そして続くは、ピアソラのこと
→ そしてそしてミユキタンゴの紹介
と、お客様が少しでも興味を持ってくださるようにと工夫が凝らされていて、
こんな風に楽しみに待っていてくださる方がいることに、
とっても胸が熱くなりました。
期待を裏切る訳にはいきませんね。
むしろ、期待以上の思い出を、ご来場くださった全ての皆様に
お持ち帰りいただきたいと思い、その思いがそのまま演奏に表れるよう、
こちらも色々と考えて選曲しました。
e0027813_2372373.jpg

いよいよ開演し、ステージに向かうために客席を通っただけで、
もう嵐のような拍手拍手 ! ! 会場は熱気に満ちあふれています。
ここりびあんに集まってくださる方はみんな、生の音楽が大好き。
そして、それを体中で表現してくださっているのですね。
私達も、音楽大好き度なら負けられません♪
これはもちろんどこの会場でもそうですが、
一曲一曲、心を込めて、思いを込めてプログラムを進めていきます。
そして迎えたアンコール、
アンコールは私の今大好きな(マイブームなんです)
「アディオス・ムチャーチョス(さらば友よ)」。
りびあんに集まってくださった皆様と、そしてオーナーご夫妻に
感謝の気持ちを精一杯込めて演奏しました。
すると、いつの間にか会場後方で、1人、また1人と
肩を組み、曲にあわせて身体を左右に揺らしてのヒューマンチェーン。
更にまた1人、また1人・・・
どんどん波は大きくなっていきます。
皆さん、全員笑顔です。素敵〜♪
こんなこと、今まで経験のないことだったので、
思わず涙ぐんでしまいました・・・
感激して、アンコールをもう一曲。
「アディオス・パンパミーア(さらば草原よ)」。
(アディオス、アディオスと続けましたが、
決して皆さんとお別れしたい訳ではないんですよ ! )
この曲はとっても難しい曲で、普段あんまりウケが良くないんですが、
この日は皆さん割れんばかりに手拍子で盛り上げてくださいました。
この感じ、もう言葉に書き表せない、
感激して胸がいっぱいです。
皆さんに期待以上の思い出を持ち帰っていただきたいなんて思っていましたが、
期待以上のお土産をいただいたのは私達の方でした。
こんな素敵な日があっていいのかなぁ、
いつも頑張ってきたから、たまにはいいですよね♪
本当に皆さんありがとうございました。

そしてTさんによる、ライブレポ
e0027813_2381481.jpg

Tさんご夫妻、本当にありがとうございました。
お陰さまで無事にツアーの全行程を終えて、家に辿り着きました〜。
帰宅して半月経った今も、まだツアーの感動で頭がボーッとしてます。
いやいや、ボーッとしている暇はないですね、
次のステージに向けて、また新たに出発です。

また行きます〜♪
[PR]
by elfuelle | 2009-06-23 23:13 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・札幌その1

e0027813_142775.jpg

e0027813_1412499.jpg

フェリーは順調に苫小牧港に到着。
天気は薄曇りでしたが、札幌に向かうにつれてだんだん晴れてきました。
しー様は船内で朝食バイキングに行ったみたいですが、
私は昼に備えて(?)やめときました。
船を降りて高速に乗ると、さっそくでんぴをピピピ ! !
本日のランチはスープカリーに決まりました。
お店の情報から駐車事情まで、さっそく携帯で検索するしー様。
素晴らしい〜♪
テレビ塔のすぐそばにある、「Yellow」というお店に入りました。
e0027813_129138.jpg

野菜が大ぶりで、柔らかくて、とっても美味しい〜
e0027813_1294993.jpg

あっという間にペロリと完食。
e0027813_1302247.jpg

食後は、ホテルチェックインまで少し時間があったので、
腹ごなしに(?)ホテル近くの中島公園を散歩しましたよ。
中島公園では、謎の(?)CDジャケット撮影会?
e0027813_124286.jpge0027813_124479.jpge0027813_125831.jpge0027813_1252726.jpg




























































そして夜はライブ。 この日の会場は「くう」 。
札幌在住のけんたろうさんの弟さんが、
職場の方々と応援にいらしてくださいました。
お忙しいのにありがとうございます !
e0027813_1282371.jpg

マスターYさんは、横浜エアジンでずっとアルバイトをされていたのだとか。
あれ?壁に貼ってあるポスターにしー様の名前が。
しー様、7月にも札幌行くのね〜

ごめんなさい、実はあろうことかリハーサル中に、
またまたピアノの弦を一本切ってしまいました・・・
本番中ならまだしも(?)←自分で言うなって感じですね、
リハ中だなんて、ホントホントにごめんなさい。

他にも、ゴタンの中庭・Patio del GotanのK様、
札幌&小樽中南米音楽愛好会のK様、
そして、El Fuelle 札幌公演皆勤賞のNちゃん、and more・・・
ご来場くださいました皆々様、ありがとうございました〜♪
[PR]
by elfuelle | 2009-06-23 01:44 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・松島

この日はフェリーで北海道へ移動、なのですが、
出航が夕方なために、まずは牛タンランチ〜♪
e0027813_1413469.jpg

牛タンハーフと海鮮丼のセットにテールスープが付いて¥1,000です !
安っ !  旨〜っ 012.gif
満腹、満足〜♪

夕方までどうしようか。
とか何とか言いながら、車は北へ向かう。
しばらくしたら松島に到着しましたよ。
あ〜、松島や〜松島や♪
さっそく観光客のおっちゃんに「写真撮ってくれ〜 ! 」とせがまれる。
すると、「わたしもわたしも」と、観光客のおばちゃん達も集まって来る。
みんな思い思いのポーズをとり、楽しそう。
で、私達も撮ってもらうことに。
e0027813_1432832.jpg

喫煙者のけんたろさんが背負ってる「禁煙」の看板が
なんとも笑えます・・・
e0027813_1442321.jpg

しー様は高所恐怖症で、
実はここの場所にたどり着くまでに小さな橋があったのですが、
下が覗けて、怖い怖いと真っ青になってました !
e0027813_14102323.jpg

e0027813_1453398.jpg


この後フェリー乗り場に移動。
予想よりも豪華なフェリー
e0027813_14134013.jpg

日が暮れていよいよ出航です〜
e0027813_14144914.jpg

夜景がきれい♪
さすが、けんたろうさん、名カメラマンだわ〜♪
e0027813_14152939.jpg

e0027813_1416596.jpg

夜は船内で生演奏も。
ちょっと誰か、楽器のすぐに出せる人、
ミユキタンゴを売り込んできて〜 ! (なんてね☆)
お風呂は展望風呂、今回は個室(5人部屋)で、ちゃぶ台(?)もあったので、
なんだか誰かの家に遊びにきたような感じでしたよ。
船の揺れが心地よくて、ぐっすり眠れました〜
[PR]
by elfuelle | 2009-06-22 14:19 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
飯坂温泉のお宿は、朝陽の燦々と差し込む部屋だったので (・・・汗
早々に起きて朝風呂へ。
うお〜、熱くて目が覚めるっ !
朝食は、ヨーグルトとCCレモンで簡単にすませて、
いざ、仙台へ〜

車内での会話は、お昼ご飯について。
「どうするどうする、なに食べようか、
やっぱり牛タンかなぁ、でも、呑みたくなっちゃうし・・・」
しー様がでんぴを飛ばそうとしたその瞬間、
「私の知り合いのお店でいいところ知ってるよ ! 」と川波。
よし、そこに決定 !
到着してみると、なんと目指すお店は、
今日の演奏会場の隣のビル内にありました。
これは神様が「お食べなさいな」とおっしゃっているに違いないっ !
(写真は遠慮して(←誰に?)、小っさめにアップ ! )
e0027813_2332095.jpg

仙台牛の、柔らかくてとろけそうな焼肉丼をぺろりと平らげて、
(注 : しー様はもちろん大盛りです)
会場に到着。
すると、先に到着していたケンリリさんに
「みんな一回りおっきくなったねぇ〜」と言われる。
駐車場から会場まで、同じ建物内なのに結構距離があり、
思いのほか搬入が大変でゼーゼー ! !
これでさっきの焼肉丼の分のパワー使っちゃったよ・・・どうすんの? ? ?

e0027813_2335710.jpg

エルパークという会場では、客席をひな壇にしてもらいました。
これで後ろの方のお客様も、ケンリリさんの足元までバッチリ見えますね♪
リリアナさんは仙台のご出身。
この日は、お母さまやご親戚も応援に駆け付けてくださいました。
また、東京から島サチコさんのお教室の生徒さんも駆け付けてくださいました !
ありがとうございますっ !

e0027813_2342929.jpg

ダンスに熱が入りまくるリリアナさん。
ケンジ&リリアナさんは、私達がどんな演奏をしても、
またどんなサイズで演奏しても、
その空気を壊さず、むしろ盛り上げて踊ってくださいます。
決まり事ももちろんあるんでしょうが、多くは即興の様子。
タンゴダンサーでは希有な存在でしょう。 素晴らしい〜♪
そして、私達の音楽の方針とピッタリ !
ならば私も、と、演奏しながらリリアナさんの動きを目で追い続け、
共に創り合うステージにしようと頑張りましたよ。
お陰さまでお客様は、拍手喝采、大喜び !
やったぁ〜〜〜♪
でも、アンコールのケンジさんの歌での拍手が最も大きかったみたい !
ケンジさん、やったね ♪
仙台のお客様はおとなしく聴いてくださっていたけれど、
最後はもう、やんややんや ! ! という感じでした。
ご来場くださいました皆さん、
本当にありがとうございました〜

さぁ ! コンサートも無事終了したし、
これで心置きなく牛タンが食べられる !
と思いきや、
どっと疲れが押し寄せてきて、 食欲ゼロ。 ゼロ !   ゼロ ! ?
え〜〜〜っ !  うっそ〜 ! !  なんで???
流動食(つまりビールです) しかノドを通らず。
この日改めて合流して元気なイチロウさんと、
そしてご飯となるといっつも元気なしー様はラーメン食べに行きましたが、
私はついて行けず。 川波も部屋でダウン。
けんたろうさんは、仙台セレブ美女達と豪遊?
早々に夜の街に消えていきました。
そんなこんなの仙台、
翌日はいよいよフェリーで北海道上陸です〜

楽しみ〜♪
晴れて〜〜〜♪
[PR]
by elfuelle | 2009-06-22 00:02 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

飯坂温泉写真集

バイオリンのけんたろさんからツアーの写真がたくさん送られてきました。
けんたろさんありがとう〜♪
素敵なショットがたくさんありましたので、いくつかご紹介〜

↓この写真を撮ってくださったのは、とっても可愛いお姉さんでした〜♪
e0027813_15461942.jpg

この鳥居の奥が鯖湖湯。
左手のほりえや旅館に宿泊しました〜
e0027813_15464913.jpg

足湯もありましたが、お湯が熱くて熱くて、
眺めているだけで汗が出ます・・・
e0027813_15471667.jpg

日が暮れるとこんな感じ。
湯上がりに風がそよそよ、気持ちよかったです〜♪
e0027813_15473690.jpg

e0027813_15475759.jpg

[PR]
by elfuelle | 2009-06-21 15:53 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・飯坂温泉

当初の予定では、出発してからこの日まで休み無しだったので、
ここで移動も兼ねて一息入れようと、飯坂温泉の温泉宿を予約しました。

e0027813_2293097.jpge0027813_2295876.jpg

















風情たっぷりな、古〜い温泉宿です。
ここ飯坂温泉のお湯は、50℃の熱々湯。
身体を動かすと熱いので、ジッとして入りますが、
動くと熱いので出られない★
私は熱いお湯が大好きなので、
動くと熱いのをわかっていつつも、何度も入ってしまいました。
e0027813_22215947.jpg

立ち寄り湯、鯖湖湯(さばこゆ)の前で。
しー様やけんたろさんが何を持っているかと言えば、
ここ飯坂温泉は餃子の町なんだそうで、「餃子マップ」です。
早くも今夜の夕食のでんぴを飛ばしはじめているのです。
おっと、早い早いしー様、あっという間に今夜の夕食どころを決めて、
ゆっくり温泉タイム〜♪

日が暮れてきました。
温泉に入りお腹もすいて、いよいよ餃子タイム?
ところが、お目当てのお店が満席で入れません。
(すごい ! 平日なのに、どこにそんなに人がいるんでしょう?)
1時間待ちと言われて、周辺を散策しながら時間をつぶします。
おっと、ライブハウス発見 !
マスターはピアノ弾きさんなんだそうで、
前日のいわきのライブハウスのマスターともお知り合いなのだとか。
私達がツアーのチラシを見せたら、「次回はぜひ ! 」と。
嬉しい嬉しい〜♪ 温泉街で浴衣ライブ?

そして、いよいよ餃子タイム。
ここの餃子は「円盤餃子」として有名なんだそうです。

e0027813_22313264.jpge0027813_22315015.jpg

















ちょっとちょっとしー様、
落ち着いて、落ち着いて〜 !
この円盤餃子、
一皿に大きな餃子が20個、それをあっという間に3皿平らげた私達・・・
更に、レバー焼き(身が厚くて濃厚〜 ! うま〜い♪)
そして〆はもちろんラーメン。
就寝前に再び温泉。極楽極楽〜♪
[PR]
by elfuelle | 2009-06-19 00:05 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・いわき

翌日は、朝6時に同室のリリアナさんが散歩に出かけるというのでついて行く。

e0027813_15522345.jpge0027813_15523635.jpg

















朝から新緑の山に吸い込まれるような感じ。
心が洗われるってこういうことなんだなぁ・・・
昨日夕方に爆睡していたので、朝早く起きても眠くない。
朝露に濡れる緑の中をどんどん歩いて行くと、
神社発見。
樹齢1000年の大杉が、ひっそりとたたずむ神社を見守っていました。

e0027813_15525166.jpge0027813_1553367.jpg




















思わず抱きついちゃった !
あ〜、巨大な杉の木のパワーが身体にしみ込む〜
耳をくっつけてみたけど、何も聴こえない。
私はまだまだ未熟者だから聴こえないんだなきっと。
ありがたい木からのメッセージがちゃんと聴こえる人もいるに違いない。

宿に戻って朝風呂。貸し切り露天風呂気持ちいい〜♪
チェックアウトして、朝ラーメン。
実は前日「大黒天」でラーメン食べた後、
すれ違ったおっちゃんの集団に「ラーメン食べた?」と話しかけられた。
「はい、たった今」
「どこで食べたんだ?
喜多方で一番旨い店を教えてやるから今から行って来い !
大丈夫、旨いから今ラーメン食べたばっかりだってぺろりと入るよ。
そこは餃子もうまくて評判いいんだ。驚くよ」
そ、そ、そ、そんなに旨いラーメンがあるのか?
・・・さすがにその時すぐには入らなかったので、朝ラーメンで行くことに。
行ってきました、源来軒。
評判通り美味しくて、おっきな餃子も一皿ペロリ。
でも私は大黒天のが好きだなぁ。

そしてこの日は喜多方からいわきまでの移動なのですが、
まっすぐ行くと2時間で着いてしまうよ〜
と言われたので、寄り道をして行くことに。
まず腹ごなしに(?)鶴ヶ城散策。
e0027813_17101130.jpg

日差しが強くて夏みたい。
ここでもケンジさんは、カメラを片時も離さず、激写の連続。
私も負けじと、パパラッチケンジさんを激写 !

e0027813_17131577.jpge0027813_17133158.jpg

















一通り歩き回ったのち、次は飯盛山へ。
目の前にどーんとそびえ立つ石段。
登って行くごとに顔面蒼白になっていくしー様。

e0027813_1716226.jpg
「今夜ライブあるのに、
なんでこんなとこ登らなきゃなんないんだよ〜、
ひどいよ〜 !」
あっはっは、泣き言言わないの。
ミユキタンゴは体育会系なのですよ。(?)
体力作りもツアーのうち。(???)
e0027813_17171557.jpg

e0027813_17173334.jpg

この後会津散策を続けるケンリリさんとお別れして、
猪苗代湖畔を通っていわき入りしました。

いわきに到着。会場は「Bar QUEEN
ここの会場は、以前つくばのライブにご来場くださったEさんにご紹介いただきました。
この日から参加のBn川波と、
新潟から一旦帰宅していたイチロウさんと合流。
マスターのKさんは、エネルギッシュで音楽に熱い方です。
お客様も、熱いしノリがいい〜♪
年配の方も何人かいらしたので、刺激が強すぎるかな、大丈夫かな、
と思いながら演奏していたら、
「もっと激しいのもやって〜 ! ! 」と客席からゲキが飛んできました。
えっ、いいの?
ではこっから先はいつもの通りに。
でも、激しいばかりではありませんよ、聴かせる曲もうまく挟み込みつつ。
お客様方は皆さん大変熱心に聴いて下さって、ありがたい限り。
「また来てね、今度は仲間をたくさん連れて聴きに来るから」
と温かいお言葉もいただきました。
はいっ ! またお邪魔しますっ ! ! 必ず ! ! !

ライブの後は、マスターによる鰹づくし。
e0027813_17254692.jpg

「今朝穫れたてを一本仕入れてきたからね ! 」ですって。
うわ〜い♪嬉しい〜♪
お刺身、タタキにアラ汁、特製ウニご飯に生ハムプロシュート !
そしてそして、マスターこだわりの激ウマ生ビール♪
すごい ! 海の町いわき万歳〜 ! !
Bar QUEEN万歳〜 ! !
もう、食べ過ぎてお腹が苦しくなるほどいただきました。
ごちそう様でした〜♪
マスター、そして熱いいわきの皆さん、ご紹介くださったEさん、
本当にありがとうございました〜
(あれ?演奏している写真がないなぁ・・・)
[PR]
by elfuelle | 2009-06-18 17:27 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・喜多方

都合により喜多方公演は出発直前に中止が決定、
しかし、宿はそのままキャンセルせずに、この日は喜多方観光〜♪

西会津で高速を降りて、(あ、この日も¥1,000だった ! )
喜多方駅を目指す。
阿賀川と、この川に沿うようにして走っている磐越西線を眺めながら、
時には新緑に映える素晴らしい鉄橋に歓声を上げ車内からの撮影会、
また偶然踏切で遭遇した電車に、にわか鉄っちゃんになりきったり。
電車が去った後、踏切内に停車して(内緒)、
去り行く後ろ姿を名残惜しんで更に激写 ! !
e0027813_1217924.jpg

こんなことが出来るのも、前にも後ろにも走っている車なし、
だったからこそだよなぁ。田舎道万歳 ! !

喜多方駅到着。まずは駅前の「大黒天」でラーメン。
e0027813_1218822.jpge0027813_12183825.jpg

















昨年ライブの後に食べて、(深夜だったので、開いているお店はここしかなかった)
手打ち麺が美味しくって忘れられなくて、涙の再会。
このお店は、喜多方の「老麺会」というのに入っていないそうで、
駅で配らているラーメンマップにも載っていないのですが、
もう、めっちゃんまんま〜♪ほっぺたが落ちます。

きしめんを思わせる太めの手打ち麺、
しー様はもちろん大盛りです。

お腹がふくれたところで、蔵巡り。
しばらく歩いて行くと、小さな神社発見。
e0027813_1219233.jpg

境内では小学生が三角ベースをやっていました。
いいなぁ、昭和だなぁ・・・
こういうところでのびのびと育った子供は、
少々のことにはひるまない、強い大人になるだろうなぁ。
あれれ?遊んでいるのは子供ばかりじゃ無いようで・・・
e0027813_1220773.jpge0027813_12202076.jpg

















リリアナさん、けんたろさんはブランコで大はしゃぎ。
お〜い、遊びすぎるとまたお腹すいちゃうよ〜 !




宿は昨年同様、熱塩温泉。
到着し、まずは温泉に入る。
貸し切りだぁ〜極楽極楽〜♪
e0027813_12281828.jpg

あれ? お風呂から上がってからの記憶が・・・ない
ふと気がつくと辺りは真っ暗。どうやらちょっと横になるつもりが
ぐっすりと寝てしまったらしい。
あんまりぐっすりだったので、もう朝かと思ったけれど、
時計を見ると夜7時。
隣の部屋からはみんなの声がする。
寝ている私を気遣って、隣の部屋で宴会(?)していたのでした。
宴会といっても、つまみはピーナッツ?
「ミユキさ〜ん、お腹すきました〜 ! 」
「よっしゃ、夜ラーメンに繰り出そう ! ! 」
ここの温泉は、町から少し離れた山の中にあるので、
胃が疲れたから留守番するというケンジさんを残し、
けんたろうさんに運転を任せて、レッツらゴー
大抵のお店は夜6時〜7時頃閉まってしまうのですが、
こうなることを予測して?遅くまで開いているお店は
先ほどの蔵巡りの時に調査済み。
こういう細かいところまで抜かりのない、素晴らしいしー様でんぴ

しかし・・・車を停めようにも、そもそも駐車場なんてどこにもない。
こっそりスーパーの駐車場に停めちゃおうか、なんて思案していたら、
どこからともなく、喜多方らしからぬ?いい匂い〜
お腹の虫がぐぅ〜と鳴ります。何だろうこの匂い。ラーメンじゃないなぁ。
匂いを辿って歩いて行くと(おいおい)、そこにあったのは、
妙に懐かしさを感じさせる赤い看板。

「韓国料理〜 ! ! ! 」一同大興奮

迷わず店内に入り込み、おっちゃんのメニュー解説に片耳だけ耳を貸しつつ、
目と手は既に食べ放題のナムルへ。
旅に出るとね、どうしても野菜が不足しがちですからね、
それにしても、「飢えているのか ! 」というくらいのもの凄い勢いで
ナムルを食べ尽くす私達。 「おばちゃん、おかわり〜 ! 」
旬のアスパラと青菜のナムル、最高〜♪
お酒はリリアナさんおススメ、マッコリのビール割。
(旨すぎる〜、いくらでも入っちゃうわ ! )
野菜たっぷり、ちょっと不思議な水餃子もペロリ。
e0027813_1229257.jpg

海鮮たっぷりチヂミ(タレがこれまた激ウマ)に石焼ビビンパと
店主おススメの豚足。もう言うこと無しです〜

一日空いてしまったけれど、翌日はいわきで演奏です。
よっしゃ〜 !  韓国料理パワーではりきるぞ〜 ! ! !
[PR]
by elfuelle | 2009-06-17 12:32 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・津南

松本から津南までの移動。 個人的に初の高速道路¥1,000体験 !
でも松本から豊田飯山までだったので、お得感はあんまり感じられず。
イチロウ号に純くん、ミユキ号にしー様とケン様が分乗しました。
空は快晴で、新緑が気持ちいい〜♪
5月末まで善光寺の御開帳だった事もあるのか、
高速はバラエティに富んだNo.の車がいっぱいでした。
渋滞というほどではなかったですが。

今夜は「グリーンピア・津南」というところでのラテンフェスティバル。
山の中の施設(ホテル?)のようなので、
到着までにどうしてもおいしいお蕎麦が食べたいね、と
しー様がでんぴをピピピ ! ! !
(でんぴとは、おいしい食べ物検索アンテナの事でーす ! しー様の得意技)
e0027813_201731.jpg

千曲川に沿った美しい道をずっと走って行くも、
食べ物屋さんはあんまりない・・・
けんたろうさん、運転しながらのシャメはいけませんよ !
e0027813_1554454.jpg

途中何件かあった道の駅で妥協しようとするも、
(この頃からでんぴはお蕎麦からとんかつ&ラーメンに移りつつある)
いやいや、ダメダメ。
おいしいお蕎麦を食べるのだ !

でも、
あ〜、もうそろそろ山道に入る交差点が近づいてきたよ、
あきらめてラーメンにしておけば良かったかな、
信号待ちも無言の三人。(お腹ペコペコなの)
信号が変わり走り出した途端、
「ミユキさんっ、ここです ! ! 」
しー様の元気のいい声 !
「はいっ ! 」
迷いもためらいもなく入ったお蕎麦やさん、ちょっと高そう?
いやいや、お値段はまぁこのくらいでしょう。(安くはないが高くもない)
e0027813_1583030.jpg

ところが ! ! ! とってもコシがあって美味しい〜
しかもお蕎麦屋さんにしては珍しく、量が多め。
ここまで我慢した甲斐があったわ。
お蕎麦も天ぷらも、んまんま〜♪ お腹いっぱい〜
幸せ〜♪♪♪ これで今日の演奏も頑張れるわっ !

グリーンピア津南に到着、
今夜の会場となる宴会場が、たった今披露宴が終わったばかりで使えず、
ピアノの位置だけ決めて待機する事に。(ピアノは調律中〜)
それにしても、思ったよりかなりダンススペースが狭い。
e0027813_1593423.jpg

大丈夫ですか?ケンリリさん???
「なんでも来い、ドンと恋、いや来いですミユキさん、
客席でもどこでも僕らは踊りますから」との力強いケンジさんのひと言。
素晴らしい〜♪
演奏するこちらも気合いが入ります。
この日はディナーショーでしたので、一時間休憩無しぶっ通し。
ところが、用意されたタイムスケジュールを見てみると、
アンコール込みで一時間半の時間配分になっている。
まぁ、多めにしゃべれば何とかなるかな。
(タンゴは、一曲3分足らずで終わってしまうので、大変なのですよ。
しかもこの日は主催者に既にプログラム提出済み)

いやぁ、この日も盛り上がりました。
津南って新潟県なんですが、
さすが米どころ、日本酒も飲み放題で、(もちろん、お客様が、ですよ ! )
演奏がはじまる頃には皆さん既にいい顔色。
北九州のタンゴバンド「トリオ・ロス・ファンダンゴス」の
タンゴの節句ツアーでお邪魔した、下関酒造でのライブを彷彿させてくれます。
そうか、この日の第一声は「呑んでますか〜 ! 」にするべきでした・・・
みなさん、本当に楽しんでくださっているのがよく伝わります。
やはりお酒の席での演奏って、特別なものがありますね。
今夜のゲストは、ダンスのケンリリさんと歌のカズマ。
e0027813_225850.jpg

このカズマが、関西人なんですが、
歌はさておき( ! )、しゃべりがとにかく最高で、
ガッチリお客さんのハートを鷲掴み。
いやぁ、芸人ですわ。演奏部隊ももちろん負けてはいませんよ。
ディナーショーなんだから、もう少し落ち着いて普通に演ればいいのにね、
ミユキタンゴは、メンバーの成分100%参加が原則。
だって、演奏するの楽しいんだもん。
それが演奏に、音に、はっきり現れていて、
もうなにも言うまい、です。
ダンサーケンリリさんも、これっぽっちのスペースで、
即興あり、大ウケパフォーマンスあり、
お客さんや演奏者への絡みあり、歌あり( ! )←歌手いるのに ! の大サービス。
しかも、ここだけの話ですが、この日ケンジさんは、
あろう事か、ダンス用のシューズを、右用二足持って来てしまった !
e0027813_2105742.jpg

つまり、両足右の靴で踊った訳です
そんなの、ただ歩くだけでも違和感ありますよね、
それを100名を肥える、いや、越えるお客様の前で、
いつもにも増して素晴らしいパフォーマンスですよ、感服いたしました !
MCでその素晴らしさ(?)を讃えようと思ったら、
「ミユキさん、お客様が足にばかり注目しちゃうから、
言わないでください・・・」ですって。なんて謙虚なの !
そんなこんなで大盛り上がり、ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました。
終わってみれば、ゲストの方々の素晴らしいお喋りやサービスに支えられて、
タイムスケジュール通りに終了。
CDもたくさんお買い求めいただいて、
お陰さまで途中で棄権(?)する事なく、
無事にメンバーは自宅まで帰り着けました。

いやいや、この日の出番はこれだけではなかったのですよ。
このあと二次会と称して、「出演者と呑みながら交流会」がありました。
e0027813_213230.jpg

場所をホテル内の喫茶店に移して、
ここでも更に飲み放題食べ放題。
目と鼻の先に先ほどの演奏者。
今度は演奏者も飲み放題 !
呑みながら、語らいながら、演奏しながら、
あーでもないこーでもないと、交流の夜は更けていきました。

実は今回のツアーは、ここでのラテンフェスティバルをきっかけに
スケジュールを組みました。
しかも、このラテンフェスティバルに私達を推薦してくださったのは、
昨年のツアーの時、喜多方ライブにお運びいただいた、
新潟中南米音楽愛好会の方々のご尽力によるものでした。
本当に心から、音楽を通して出逢ったご縁に感謝いたします。

しかし、こういう時バンドネオンという楽器はいいですね、
マイクいらず、すぐにパッと演奏態勢に。
演奏中に、興奮したお客様が純くんの肩をポンポン !
(あのー、商品なんで触れないでください (なんてね ! ))
「君ぃ〜、いいねいいね、次はアノ曲やってよ ! 」
そういうのがまたいいんですよね、ホントに皆さん嬉しそう♪
こちらも頑張った甲斐がありました。
ケンジ&リリアナさんも、お客様をお誘いしてのダンスタイム〜♪
e0027813_2133256.jpg

カズマも負けていません、えっ ! ?ギター弾き語り???

・・・

全てを終え、ようやく部屋に戻った時は、既に0時を回っていました。
この日限りの出演者カズマくんと、
翌日から香港(?)に出かける純くんを激励するかのように、
メンバーの打ち上げはこのあと夜明け近くまで続きましたとさ。
(あれ?私はいつ寝たのか覚えてないなぁ・・・)
[PR]
by elfuelle | 2009-06-16 01:54 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

ツアーレポ・松本

ツアーから戻ってみたら、
なんだか眠くて眠くて、寝てばかりです。
抜け殻のよう。
もちろん日々のライブは張り切って新しいことにトライして、
秋のツアーにまた新しい側面をお伝えしたいと思って頑張っていますが、
家に帰ると、子供達を送り出し、子供達が帰って来るまで起きられない・・・
甘ったれていてダメですね。
これから大好きな夏がやってきますし、
そろそろ通常モードに身体を戻さないとね。

・・・

という訳で、
もうツアーに出発した日なんて半年くらい前の事のように感じられますが、
少しずつ思い出しながらレポートしてみたいと思います。

・・・

ツアー一日目。
なんだか台風を思わせる強い風、
朝は薄曇り。スッキリと晴れて欲しかったのにな。
高速バスにて現場入りのリマさんと、
ギターアンプがミユキ号に積みきれないために、
前半戦自走のイチロウさん以外のメンバーは、
調布インター近くに集合。
とうとうこの日が来てしまったなぁ、という表情のメンバー達。
覚悟を決めろとばかりに、だんだん日差しが強くなって来る。
(そうよ、覚悟決めなさい、今更ジタバタしても遅いわよ ! )
↑ ミユキ心の声。

約束の時間ほぼぴったりに松本着。
途中の道でイチロウさんと運良く合流して、現場入り。
現場に着くと、通りの向こうから現れたのは、
リマさんと、リマさんのお友達、今回の松本でのお世話役Mさん。
ここまで、まるで仕組まれていたような、素晴らしい展開です。
ドラマのようだ・・・一分の無駄もない。
なんか出来過ぎで怖い・・・

陀瑠州(ダ・ルース)というのがお店の名前。
ピアノはアップライトながら、
鍵盤のフタ以外あらゆるところが取り払われて、レントゲン状態。
(ホネホネロック〜♪)
一通りサウンドチェックを終え、宿にチェックインしたあと、
Mさんの案内でみんなでおそばを食べにいく事に。
(はじまりました、ミユキタンゴツアー恒例、暴食第一弾)
おそばは美味しいけれどアッという間にペロリ。
私は、祝杯(?)をあげるメンバーを尻目に、
一足先に宿に戻って、譜面のコピーと着替えとプログラム練り。
(プログラムは全ての会場で毎回変えましたよ)
ふと気づいたら開演時間が迫るも、荷物が1人で持ちきれない事に気づく。
もーやだー 008.gif
その頃みんなは、戻って来ない私に不信感を抱きつつ、
今日なにやるのか知らされていないまま、
不安な気持ちで楽屋で待っていたらしい。
だって、自分の譜面とその他諸々荷物、
メンバーの譜面台と販売用CDなんて、
全部1人じゃ持ちきれないよ〜
誰か手伝ってよ〜(これも心の声)

既に大汗をかきつつ、大荷物抱えて時間ギリギリIN〜 !
なにやってんだよバーカ、早くしろっ !
という表情のメンバーにプログラムを渡し、
(そういえばこの日のメンバーは男ばっか。
気配りを期待した私が悪かったわ〜)
結局持ちきれなかった譜面台を取りに行ってもらって、
ようやく開始。
松本の皆さん、お待たせしちゃってすみません。

客席は、ありがたいことにほぼ満席状態。
一曲目の「ブエノスアイレスの春」で、いきなり一本弦を切ってしまった私・・・
二本弦のある音で良かった・・・(そういう問題か ! )
お客様の反応が思ったより熱く、(弦を切った事に対してではないよ)
ここで一気にテンションが上がる。
最後まで期待を裏切らない演奏をするぞぉ〜〜〜 ! !
そして、この日二本目の弦を切ってしまう・・・私ったら (汗
陀瑠州ママさん松井さん、ごめんなさい〜
この日表記上はリマさんはゲストとなっていましたが、
この松本はリマさんのご縁によって実現した会場なので、
第二部前半は「リマタンゴ」としてリマさんに仕切ってもらう事に。
そのリマさん、松本までの移動中、曲の構想を考えようと、
今日やる予定の曲を聴きながら移動しようと思っていたのに
「なぜか曲がかからない」
仕方なく、落語を聴いてきたとの事。
これが功を奏したのか、リマさんMC絶好調 ! !
まるで、ミラクル逆転満塁ホームラン !
会場は割れんばかりに大ウケです。
この反応に上手く乗っかって、演奏も絶好調のリマさん。
リマ節が冴え渡り、お客様大ウケ。素晴らしい〜カッコいい、リマさん♪
お陰でこちらもすっかり波に乗って、ノリノリ♪
リマさん、ありがとうございました〜
そして、熱い熱い松本の皆さん、 そして陀瑠州の松井さん、
大盛り上がり、ありがとうございました〜
ツアー第一日目にパワーをいただいたお陰で、
最後まで突っ走れました !


リマさんのブログにこの日の模様が写真付きで詳しくアップされています。


つづく。
[PR]
by elfuelle | 2009-06-14 23:44 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)