みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:今日のねごと( 1005 )

先日のライブそしてミロンガ、ありがとうございました!
伊勢佐木町には、6月の仙台と9月初旬の熊本支援ツアーと、
どちらも駆けつけてくださったアミさんや、
いつも横浜周辺のライブには必ず顔を出してくださる方、
お顔なじみのあの方この方、はじめましてさん、皆様本当にありがとうございました!
e0027813_17485055.jpg
今回は、6月の北海道東北ツアーに協力してくださった早川純氏が、クロスストリート初参戦!
示し合わせたような、ブルー系の衣装と青い譜面台。
残念ながら、青空は見られず。
e0027813_17520269.jpg
10月のリサイタルに向けて新たな境地の中、毎日のようにレコーディングに励んでいる、
輝く歌姫ミホコ。見てください、この艶やかな立ち姿!
e0027813_17560444.jpg
そして伊勢佐木町のプリンス、サハリンのダンス。お人形さんのような可愛らしいユリコと、
雨模様の会場にポッカリと陽だまりのような暖かいオーラを振りまいて。
e0027813_18002507.jpg
e0027813_18004868.jpg
雨の中ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。
出演者、並びにお手伝いしてくださったミッシーヤギちゃんおミツさん、
皆さんも雨の中大変だったことでしょう、ありがとうございます!!!

残念ながら、感謝の打ち上げには参加できず、なミユキイチロウ早川純。
ここが終わったら一目散に田町に移動しなければなりません。
早川純くんからお誘いいただいたゴージャズミロンガ。
e0027813_18071361.jpg
さすが港区!公共施設がこんなに立派!!!
私たちの演奏スペースの最前列に、かぶりつきの鑑賞席を用意してくださり、
広~~~いスペースがその後方に。
一曲目は皆さん遠慮して?それとも踊りにくかったかな??
じっと私たちの演奏を座って聴いてくださる。
思わずマイクを手に取り、「どうぞ踊ってくださいね!」
e0027813_18145944.jpg
ここには、先日できたばかりのNEW MIYUKI TANGO Tシャツのイラストを描いてくださった
リッキー画伯がご来場くださり、嬉しい2ショット♡
e0027813_18210808.jpg
お礼に一枚差し上げます、と申し上げましたら、
「では奥様のサイズのものをお願いします♡」
ですって。優し~~~い♪゜・*:.。. .。.:*・♪

こちらの会場では、2006年に築地キューバンカフェで行われた「春の日ミロンガ」で出会った、
たくさんの懐かしい皆さんにお会いすることができました!
クマちゃん、クラッシー、ケロさん、ばし兄さん、アケミさん、タツミさん、
他にもたくさんの皆さん、どうもありがとうございました!
いつも浅草いちりんのタンゴラウンジにいらしてくださる方からは、
「会場によって余りにもムードを変えてくるもんだから、
身体が固まってしまって、椅子に座ってつい聴き入ってしまったよ!」とのコメント♡
う~ン、嬉しいけれど反省点もあるな。
私たち、皆様のおかげで育てていただいております!!!
企画・運営のエイコさんリョウコさん、
参加させていただいてありがとうございました!
e0027813_18455675.jpg




[PR]
by elfuelle | 2016-09-16 18:50 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
e0027813_10081092.jpg
応援してくださる皆様のお陰で、MIYUKI TANGO初の海外遠征、大成功でした!!!
これまでの出会いのひとつひとつに、改めて心より感謝いたします。

21日のライブ、及び22日のコンサートの模様が、地元紙で紹介されました~!
お世話になったロシアの皆さん、ありがとうございました!!!



[PR]
by elfuelle | 2016-07-28 11:44 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

<初日>
<二日目>
<三日目>
<四日目>
<五日目>
<活動後記>

[PR]
by elfuelle | 2016-06-04 14:15 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
<活動後記>

私は今回、いてもたってもいられずに駆けつけました。なんとかまとまった日数を稼ごうと、色々画策しました。やっと5日を作ることができました。でも、このようなことができる人は少ないでしょう。私がすごいわけでも偉いわけでも何でもありません。家族の理解や協力をはじめとして、私を宿泊させてくださった善宗寺さん、活動の段取りをしてくださった山崎さん、朝夕と温かいごはん、美味しいお味噌汁を用意してくださり、洗濯機を使わせてくださりふかふかの布団を用意してくださった扶美乃さん、温かく迎えてくださったつながりさん、こういった皆様方の支えによるおかげで、私は5日間という短い時間ではありましたが、心置きなく活動に専念することができました。お世話になった皆様に、心より感謝申し上げます。思い立っても、一人では到底できないことだらけでした。今回私にできたことは、大海原に片手を差し入れた程度のことでした。お役に立てたような気がしません。これからですね、これから。お見舞いしたかった方にも、全員にはお会いできませんでした。現地では今まさに人手が必要なように感じました。具体的に、現場の活動力がどうしても必要です、前に進むために。このひと月半はまずはなんとか生きる道を確保し態勢を整える期間であったように思います。さて態勢が整ったところで、心の痛みと戦いながら次のステップへ・・・移って行こうにも、おそらく被災された方だけでは無理です。今こそ手を差し伸べる時です。現地の方々にとってはもう毎日のこと、気力も体力も持ちません。新鮮な空気を纏った元気な力が、今こそ必要な時です。たとえ2日でも3日でもいい、協力したい、できるよ!という方は、どうぞ現場の皆様の支えになってください。倒れた家具を起こせないばっかりに不便な生活を送っていらっしゃる方がまだまだたくさんです。部屋に散らかったガラスの破片、片付ければいいじゃないの、と思われると思いますが、それができない、一歩が踏み出せません。一つを片付けようと思うと、絶望が全てを覆い尽くすんだと思います。考えることなく、作業として動ける私たちが、今こそ必要とされています。つながりさんは本当に素晴らしいです。トップの方は大きく段取りをされておりますが、現場で実際に活動する面々は日によって変わります。私は天ぷら職人つな八の方や、おなじくつな八でお皿洗い担当のベトナム人の方(ものすごい働き者です!)、解体業を専門としてされていた、なんと千葉県松戸市からいらした方、農業支援の方(つまりこうした事態になってしまうと、生活の立て直しが優先されて収穫時期の作物が収穫されないまま放って置かれる、今回黄金色に輝く私の大好きな麦が、収穫時期を逃してこうべを垂れて風に揺られていました。そうした作物収穫をお手伝いするという支援の仕方もあるんです)、石巻で防風や防水のために植林支援を行っていた方、ネパール支援を行ってこられた方などとご一緒させていただきました。みんなほかにも色々と活動しています。その日に出会う方はどんな方かはわかりません。ひとつ言えることは、どなたも真剣に作業を行うために、わざわざ食やお風呂やそういうものの不便を受け入れながら、ただひたすらに身体を使って出来る限りの力で出来ることをして、一刻も早く被災された方が元の生活に戻れるように動いている、ということです。お金はそれは大切ですが、今現場ではほとんど役に立っていません。なぜならば必要なことはすべて手作業で行われているからです。何もしないよりはお金で支援もいいでしょう。でも動ける方は、一人でも一日でも、現場に行っていただきたいと思いました。今回の心残りは、ミユキタンゴつながりの方のおかげで直接、御船町の高木小学校から演奏依頼をいただいたにも関わらず、行かれなかったことです。いつ演奏依頼をいただいてもいいように、衣装などもちゃんと準備していたんですが、泥まみれの現場作業の合間にできることではなく、日を改めてとさせていただきました。高木小学校の皆さん、演奏を楽しみにしてくださったのにごめんなさいね、9月に必ず伺いますから、それまで待っていてね。

e0027813_18252883.jpg





[PR]
by elfuelle | 2016-06-03 17:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
e0027813_16021390.jpg


e0027813_16022627.jpg


e0027813_16023911.jpg


e0027813_16025141.jpg


e0027813_16031235.jpg


e0027813_16032868.jpg


e0027813_16034348.jpg



最終日は、今回の地震で最も被害の大きかった益城町木山というところにある専寿寺さんの解体をお手伝いさせていただきました。ご覧のとおり、一面に崩れた家々がひしめき、青い空が広く感じられます。初日に訪れたすしざんまいの若い従業員さんの全壊したお宅もこのあたりと伺いました。目を覆いたくなる光景です。この瓦礫の山から、木片、ガラス片、瓦と分別していきます。たいそう立派なお寺さんだったことが伺えます。ご住職は立派な鬼瓦を何とか無傷のものだけでも救い出したいとお考えになり、この日まで解体を渋っておられたそうです。とても良く気持ちが分かります。私は瓦の担当になりました。この日は総勢30人くらいが集まりました。天草や鹿児島からも応援が駆けつけていました。ご住職の人望の厚さが伺えました。しかしこのうず高い瓦礫の山から、瓦だけを取り出していくことなど途方もないことのように感じられ、作業前から絶望的な気持ちでしたが、黙々と、ただひたすらに作業を続けていくうちにだんだん瓦がなくなっていき、ふとある瞬間に、自分が屋根の上で作業していたことに気がつきました。立派な瓦、一つ一つがとても重く、煤けて真っ黒。土のう袋に私だけでも100袋は詰め込んだと思います。日差しは強かったんですが、風があって助かりました。ただ、木片チームのおが屑が目に入って、度々作業を中断しなければなりませんでした。

私はこの日の飛行機で帰らなければならないので、まだ作業を続けていらっしゃる皆さんを尻目に、後ろ髪を引かれる思いでお先に失礼しました。空港までの道すがらも、大変なお宅がたくさんあります。なぜ、どうして、という住人の方々の叫びが聞こえてきそうです。

e0027813_16223841.jpg

e0027813_16225695.jpg

顔も手も、余りにも真っ黒で、これでは飛行機に乗れないので、空港近くのエミナースというところで全身洗浄。

e0027813_16255595.jpg

e0027813_16260899.jpg

このような、作業用のゴム手袋をしていたにも関わらず、爪の中まで真っ黒です。手袋は即処分の消耗ぶり。

e0027813_16302233.jpg

e0027813_16312229.jpg

e0027813_16313898.jpg

お風呂に入って、スッキリさっぱりして、5日間お世話になったレンタカーを返して空港に到着しました。空港のレストランで生ビールを飲んで、この5日間のお疲れ様をしようと思っていたのに、空港内のレストランは震災の影響で営業していません。入り口付近の屋外にちんまりとお食事スペースがありました。

e0027813_16414616.jpg

まだまだみんな大変なのにごめんなさい。でも、これを楽しみに頑張ったんです。こんなに苦く冷たいビールは人生初めてでした。美味しいのかどうか、もはやよくわかりません。私はもう帰らなければならない、でもまだまだなんです。本当にこれからです。まだまだ。帰り難い。今頃になって涙腺が緩んできました。ダメダメ、しゃきっと帰らないと。

お土産屋さんも簡素になっていて、特に「陣太鼓」は被災されていて商品がないのだとか。残念。大人買いしようと思ってたんだけどな。市内の鶴屋デパートも、外見はちょっと亀裂が入ってるくらいで大丈夫そうだったけど、全館営業再開したのはつい最近なんだそうです。


[PR]
by elfuelle | 2016-06-02 23:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

今日はありがたいことに曇り。日射しが無いだけで消耗する体力が随分違います。引き続き「つながり」さんにお世話になりました。


8時半から朝礼、活動開始です。まずは「危険」と赤紙の貼られた二階建てのアパートの、二階の部屋から家財道具を全て運び出します。



見るからに危なそうなアパートです。一階のこの扉を開けたら、ガラガラと崩れそうです。



冷蔵庫、洗濯機、タンス、食器棚。でも運び出しても住める場所が無いために全て処分です。ゴミ集積所が6月4日から再開するので、それまで「つながり」で預かります。


e0027813_15130522.jpg

最初の地震で時を止めた時計です。

大きな物を運び出したら、室内を掃除します。散らばった陶器類やガラス片、中身の入ったままの調味料は中身を捨てて、ビン、缶、燃えるもの、燃えないもの、と分別していきます。住人の方が怖がって部屋に入れないので、大切そうな書類や写真などはその都度階下に確認しに行きます。そこにあった暮らしそのものを丸ごと処分するようで、胸が痛みます。午前中いっぱいかかってようやく部屋を空っぽに。アパートは順番に取り壊されるそうです。住人の方は軽自動車に必要な洋服などをぎっしり詰め込んで避難所で暮らされています。突然奪われた日常、生活を再開するときに一から家財道具を揃えなければならない不安な気持ちを、一生懸命語っていらっしゃいました。お話をじっと伺って、被災された方の気持ちを吐露していただくのも、大切な仕事です。

e0027813_15142706.jpg

e0027813_15144322.jpg


周辺には、他にも無残な状態のお宅がたくさんありました。建物はかろうじて残っていますが、人の気配はありません。


e0027813_15152060.jpg

e0027813_15153093.jpg

e0027813_15154519.jpg

e0027813_15160400.jpg

e0027813_15161868.jpg

思ったより午前中の片付けに時間がかかったので、お昼休憩は30分ほどでおしまい。午後からまた別のお宅へ。離れにある書斎の片付けです。住人の方はご年配の女性なので、本などとても重くて運べません。まずは書斎から全ての本や机を運び出し、壁、窓、床、本棚を綺麗に掃除。大切な思い出の本を、ひとつひとつ確認しながら収納していきます。本も写真などもバラバラになり砂だらけ。砂を払いきちんと整頓して、壊れたりいらないものはひとまとめに。地味ですが意外と重労働です。思い出のたくさん詰まった書斎を片付けさせていただいて大変喜んでくださり、庭先で焼き立てのパンと淹れたてのコーヒーをご馳走になりました。身体中にじわーっとしみわたりました。食欲ないのに、このパンはぺろり。


続いてまた別のお宅にブロック塀の撤去に。高台の見晴らしの良いお宅ですが、高台にある家々だけが傾き、瓦が落ちブロック塀が崩れていました。眼下に広がる一見無事な家々を眺めながら、絶望的な思いでおられた住人の方が、ようやく何とかしなきゃという気持ちになったということでした。家が半分に分断されて、一方は地盤沈下が起こっています。ブロック塀を削り、お庭に散乱した瓦と分別していきます。住人の方は、やりきれない気持ちを隠しきれません。活動の最初と最後に、このように住人の方とご一緒に撮影を行います。記録のためです。



e0027813_15241944.jpg

e0027813_15250547.jpg

更にもう一ヶ所ブロック塀解体に。こちらはかなり大掛かりです。別のチームが屋根にブルーシートを張っています。今日は4チームに別れての活動だったのですが、最後この場所に全員集合して、一気に解体しまとめました。


e0027813_15262760.jpg

e0027813_15264161.jpg

e0027813_15270097.jpg

e0027813_15325875.jpg


e0027813_15255847.jpg

e0027813_15512414.jpg

集中して作業しているときは写真が撮れませんので、こうして画像を見る限りあまり大変な作業に見えませんね。一件終わると、足がガクガクで、とても歩けないような状態になります。30分集中し、5分水分休憩を取る、といった具合に、無理なく無駄なく次々とこなしていきます。やはり周辺には、大変なお宅が多いです。


e0027813_15315152.jpg

e0027813_15320182.jpg

残りあと一日。私一人の仕事量など、大海原に片手を入れた位にしかなりませんが、心を込めて精一杯務めたいと思います。



[PR]
by elfuelle | 2016-06-01 23:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)

<二日目>
天気予報は快晴で降水確率10%なのに、朝起きたらしとしと雨が降っています。山の中のお寺さん「善宗寺」にお世話になっております。お御堂で朝のおつとめに参加させていただきました。今日1日無理なく一人前に無事に仕事が果たせますようにとお参り。お御堂の天井が、八千代座ばりに美しくきらびやか。

e0027813_11021909.jpg

e0027813_11023789.jpg

e0027813_11024800.jpg

さて出発!となった時、雨が止み日がさして来ました。既にジリジリ。まだ8時半なのに!今日の私。


e0027813_11244643.jpg

日焼け対策で長袖を着ていたんですが、暑すぎてすぐに脱いでしまいました。この日は浄福寺というお寺さんで作業させていただきました。ご本堂が全壊されたお寺さんですが、大物はあらかた撤去されていました。作業は意外にも細やかさとスピード感を求められるものでした。地面をならすためにガラス片や木片、瓦や金属、崩れた漆喰、雨樋などのプラスチック、これらを念入りに分別し袋詰めしていきます。夕方には重機が入ってならすので、なかなかスピードが必要です。


e0027813_11263111.jpg

e0027813_11264958.jpg

e0027813_11270753.jpg

e0027813_11272296.jpg

e0027813_11273677.jpg

午前中から日射しは真夏。予想最高気温31℃の中、皆もくもくと作業。今日は、大阪からフェリー&バイクでいらした方や、富山からの方、地元の素晴らしい若者コミュニティで集まった方など、和気あいあいで楽しく作業させていただけました。和気あいあいなんておかしいと思われるかもしれませんが、少し気を抜くと悲しみや絶望が襲って来るのだと思います。誰かの力になるために皆で意識を集中させることにより、自らのことを考えないようにしているように見えました。昼休憩の時に、この辺りで多く栽培されているという益城スイカをご馳走になりました。皮が薄くて、甘~い♡でも甘過ぎず、爽やかな後味です。


e0027813_11280747.jpg

e0027813_11282104.jpg

午後はますます日射しが強くなりましたが、今度はまとめた瓦礫を軽トラに積んで運び出す作業。屈強な男性陣が軽々と重たいものや大きなものを運ぶ姿は、なんと神々しいのでしょう~♡私も次に生まれてくるときは男がいいな!



e0027813_11290031.jpg

力の無い私は、砂だらけになってしまった大量の塗りのお椀をひたすら洗い天日干し。終了予定時間が来てもまだまだ洗い終わらなかったので、一時間延長して終了。あ~情けなや。終わってみたら見事に体力ゼロ。これから一時間運転して戻らなければなのに、足がガクガクです。眠気はまだやって来ないけれど、身体に力が入らない。自分にがっかり。体力には自信あったんだけどな。腕や腰より足にキテいます。

帰り道、昨日とはまた別の、新緑の山々を臨みながらの露天風呂に立ち寄り、一気に疲れがふっとんだ!昨日より更にとろとろが濃い!!とろんとろん。


e0027813_11292696.jpg

ご褒美に美しい夕焼けと山々の絶景。車を停めてしばし見とれました。自然は地震のような怖さもあるけれど、美しさも半端無いな~。緑濃く、美しい熊本。大好き。早く元の生活に戻れますように。


e0027813_11295026.jpg

e0027813_11300248.jpg

e0027813_11301535.jpg

e0027813_11302750.jpg

e0027813_11304041.jpg

e0027813_11304907.jpg


[PR]
by elfuelle | 2016-05-30 23:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
ずっと気にかかっていて、一刻も早く駆けつけたかった熊本に、
ようやく5日間だけ時間を作って行ってきました。(5月29日~6月2日)
県外から応援に駆けつけるには、今くらいがちょうど良いタイミングだったような気もいたします。
間近で目にするその光景はとても衝撃で、自宅に戻ってきてからしばらく涙が止まりませんでした。
5日間、目にしたもの、感じたことをレポートしたいと思います。

<初日>

熊本空港に到着したらまさかの土砂降り!事前に予約してあったレンタカーで真っ先に熊本市内へ。



e0027813_11011585.jpg


レンタカーもボランティアの方が多く借りられるため台数が間に合わず、なんと人生初の長崎ナンバーで
「長崎は今日も雨だった」を熱唱しながらワイパーフル稼働。(熊本なのに)

まずは、市川の自宅ご近所さんの素晴らしい職人さんが単身赴任で大将を務める「熊本すしざんまい下通り店」へ。今朝は3時半起きだったけど、ここでいただくお寿司の為に朝ごはん抜き。大将は、住んでいた市内のマンションに赤紙「危険!!」を貼られてなかなか家に戻れない不便な生活の中、自宅全壊の若い従業員さんの為にと地震の2週間後にお店再開、ひと月後に24時間営業再開をキメ、本日もランチで大行列!素晴らしい~!私もちゃんと並んでいただきました。大将元気そうで良かった!


e0027813_11041367.jpg


e0027813_10301759.jpg


続いて、熊本で大変お世話になっている光輪寺さんへ。お御堂全壊で、ご病気を抱えながら一時期避難所生活を送られていたご住職と、そのご住職を支えながら併設されている保育園を切り盛りなさる奥様をお見舞いに。片付けられてすっかり更地になったお御堂跡が、雨に打たれて泣いていました。地盤が下がり目の前の川が競り上がって感じられました。しかも雨で増水。濁った川の流れは恐ろしいほど早く、津波を連想させました。

e0027813_10320145.jpg


e0027813_10321724.jpg


e0027813_10323356.jpg


奥様と少しお話をさせていただきました。周りの家々は全壊のお宅が多く、保育園舎を避難所にして使っていただいたり炊き出しを行っておられたとのこと、ご自分たちは寝るところがないので避難所で過ごしていたこと、特に疲れたり気落ちしたことはなかったのに、排泄バランスが崩れて頻繁にトイレに行きたくなったこと、今になって少し身体に疲労感がやってきたことなど、華々しいTV報道とは裏腹に、誰にも言えずじっと耐えていたことが色々あったといいます。お寺にあったお客様用の布団は、外でテント生活をされているご近所さんに全部貸出してしまい、砂だらけの状態で部屋に積まれてありました。現ご住職である息子さんは、こんな土砂降りの中でも飛び回ってあちこちの復旧作業に精を出しておられるそうです、そうしていないとやりきれないんだそうです。

次に、ダンススタジオが被災したにもかかわらず、16時からチャリティーイベント開催の「カサデアルテ芸術の家」へ。車を駐車場に停めて、雨の中お花を買いに走ったらちょい遅刻。既にお客様ぎっしり。出し物も熱く濃く、愛に溢れていました。このスタジオのオーナーさんはミユキタンゴ八千代座公演の時に、当時まだ小学生だった息子さんのタンゴ君を筆頭に、可愛らしいチビっ子ダンスをご披露くださったご縁があります。地震直後の物資不足や避難所暮らしの不安を書き込みされているのを拝見してとても心配していました。一刻も早く日常に戻りたいのに、余震の不安や体調不良でなかなかできないもどかしさをずっと抱えていらしたご苦労の中にあって、こうして表現活動を行うことにより本来の自分が戻って来る感触がなによりありがたい、と謙虚におっしゃるイベント〆のご挨拶が忘れられません。そのタンゴ君は、歌って踊って演奏し飲み物を振る舞っての大活躍!!素晴らしい~!頼もしい~!!!客席にはいつもミユキタンゴを応援してくださるご夫妻がなんと!事前に私が伺うことを知り、ケン爺Tシャツ&リリアナTシャツでいらしてくださり感無量。9月の再会をお約束しました!

e0027813_10471774.jpg


e0027813_10473309.jpg


e0027813_10475207.jpg


e0027813_10480766.jpg


e0027813_10482154.jpg


e0027813_10504303.jpg


今回私のボランティアをナビゲートしてくださる方のご提案により、初日の今日は半日しか使えない為にお見舞いを中心に回ることができました。どしゃ降りで屋外作業も困難でしたから、ちょうど良かったです。最後はオススメしていただいたお風呂で疲れを癒しました。熊本特有のとろとろのお湯、あ~、まだ避難所や車中暮らしで十分にお風呂に入れない方もいらっしゃるのに贅沢しちゃった!その分明日から身体張って働きます!



[PR]
by elfuelle | 2016-05-29 23:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
朝起きたら、雨。
えー、雨~!!!困るっ!
我が家は「市川のチベット」と呼ばれる場所に有り山坂が多く、道が狭いっ!!!
おまけに車移動が大前提で、雨の日は特に「駅まで徒歩30分、バスで小一時間」という
渋滞の難所を市内に何箇所も抱えている地域なんです。
自然が多くて気に入っているんですよ、ですよですよ。

ですが!!!

雨の日の大荷物出勤は、専用地下通路でも作って欲しいと心から望む一大イベント。
雨かぁ。でも、あれ?・・・旦那さんの車がある!ということは・・・もしかしてお休み?003.gif

やった!第一関門クリア!!

帰りにお土産買ってくるからね016.gif016.gif

と、最寄り駅まで送ってもらって(でもこの頃には雨は上がってましたが)無事に昭島到着。

e0027813_14145584.jpg
ここにあった「銀座フランス屋」もなくなってるし、なんか愛がひっそり寂しく出迎えてくれてる感。(笑)
で、必殺愛の裏返し。
e0027813_14200610.jpg
この日は、このモリタウンというショッピングモールのお弁当売り場に「春のお花見弁当フェア」とか幟が立っていて、種類や大きさ、内容も豊富で充実していたんですが、いかんせん外でお弁当を食べるには肌寒い日。
お弁当は充実、でもお弁当売り場閑散・・・。
北海道新幹線開通記念、のお弁当をゲット!!!なかなかグーよ♡

駅からはシャトルバスで現場入り。
通りを木蓮並木が彩ってくれていました。背景が青空じゃなくて残念。
・・・と、この花は実は木蓮ではなくて「ワダスメモリー」とのこと。
コブシとタムシバの雑種(!?)で、和田さんが発見したということで
「和田さんの思い出」という名前になったそうです。
和田さ~ん、素敵な花を発見してくださってありがとうございます~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
e0027813_14252478.jpg
会場に到着したら、既に楽器をセッティング済のマリンバ真樹さん。
e0027813_14294559.jpg
マリンバという楽器は、会場の空気にある程度なじませてからでないと良い音を出してくれないんだそうで、
早くから来て待機していてくれたんです。大変な楽器です。
会場の担当の方も、早くから空調を整えてくださり、準備万端です。

今回はマリンバ、ヴァイオリン、ピアノのトリオ編成。
ここは天井が三角で、音がよく響くので、天然リバーブの心地よさをお届けできる反面、
響きが良すぎて演奏者間に時間差が生じてしまって、なかなか難しいところなんです。
何度かリハーサルを繰り返し、演奏者同士の信頼を再確認しまして、いよいよ本番。
前半しゃべりすぎちゃいまして、なかなか後半は急ぎ足になってしまったんですが、
お客様はそれぞれの思いを胸に熱心に聴いてくださいました。
お父様がヴァイオリンを弾いていらして、演奏した曲が懐かしのレパートリーだったというご婦人や、真樹さんの中学校の同級生!毎回ミユキタンゴでの公演に足を運んでくださる方や、グループ草の方、ありがたい共演仲間の方々まで、たくさんお運びいただきましてありがとうございます。「新聞で見ました」(読売新聞の、この地域のイベント欄などに掲載されていた模様です。)「近くだから・・・」という方もいらっしゃれば「遠いけれどこちらの会場を一目見てみたかった」「このチャペルコンサートを一度体験してみたいと思っていたんです」という方まで、思い思いに楽しんでいただけて、こちらの胸が熱くなりました。ご来場くださいました全てのみなさまに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました♡
e0027813_14534024.jpg
ガラス張りのチャペル後方には若葉が芽生え始め、桜の花もちらほらというなんともあやうく主張しすぎない春の兆しの中で、東北に真心をお届けするすすきだ音楽隊。これからも様々な編成で演奏活動を続けてまいりますので、皆様応援よろしくお願いいたします!

すすきだ音楽隊 ブログ ← クリック♪゜・*:.。. .。.:*・♪

フォレストイン昭和館 ブログ ← クリック♪゜・*:.。. .。.:*・♪

ブログ掲載のため、教会撮影中の真樹さん(ちょうど曇ってきちゃいまして、ちょっと暗くてごめんなさい)
e0027813_15001163.jpg
・・・


そして、大反省会は、パクチー祭♪゜・*:.。. .。.:*・♪
e0027813_15023944.jpg
見よ!この山盛りいっぱいのパクチーラーメン♡
不思議なことに麺はフォーではなく縮れ卵麺、スープはピリ辛味噌味。
お店の方に「パクチー大好きなんです~♡」と言ったらこのサービス!!!うっれしい~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
ちなみに、薄田御夫妻にピントを合わせてみると・・・
e0027813_15042440.jpg
携帯フォトもなかなか賢いな!後方の棚に並んでいるのは「じゃばら酒」です。
e0027813_15055845.jpg
他にも、ごまだれベースのパクチーソースを乗せて(on パクチー)、パクチーのぎっしり入ったパクチー餃子(in パクチー)を、添えられた生パクチーと共にいただきまして、お腹の中でパクチーがダンス!!!海鮮と新玉ねぎとパクチーが技を競い合うパクチーサラダも欠かせません。し・あ・わ・せ~♡♡♡
e0027813_15160387.jpg
本日の健闘を讃え合い、明日への活力を満たして解散。
ありがとうございました、フォレストイン昭和館
ありがとうございました、カレー工房サイゴン
ありがとうございました、ご来場くださいました皆様。

そして、ありがとうございました、お天気の神様。
お陰さまで全く雨にも雹にも雷にも遭遇することもなく、無事に帰宅できました~!



[PR]
by elfuelle | 2016-03-29 15:31 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)
e0027813_12061622.jpg
e0027813_12085111.jpg
中は撮影禁止だったので・・・写真があまりない。

まさかの落下!!!という場面に遭遇したんだけど、そこからの持ち直しもまたさすが。
う~ん、でもやっぱり個人で超人芸を披露していても、どうしても「ふーん」となってしまうね。
二人以上のアンサンブルだと感動メーターが一気に跳ね上がる!
音楽とおんなじだなあ。私はアンサンブルが好き。
私も頑張って素敵なアンサンブラーを目指そう!!!



[PR]
by elfuelle | 2016-03-15 12:00 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)