みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州レポート ☆其の3☆

 いよいよ、ライブの始まりです。
ツアー千秋楽ということもあり、客席も熱気ムンムン & 大興奮 !
・・・かと思いきや・・・
客席はみんな日本酒片手におでんやふく寿司・・
ほろ酔いムード満点なのでありました☆
ファンダンゴスの皆さんがステージに登場して、
さぁっ ! ! ライブ開始です♪

MC第一声が「呑んでますか〜 ? 」・・お約束。
客席からは「うぃ〜っ☆」・・う〜ん、酒造ならでは。
彼らの演奏はと言えば、さすが「西」のタンゴバンド、
笑いあり驚きあり、涙あり感動あり、
お客様を一瞬たりとも飽きさせない
ストーリー性のあるステージは見事です。
恒例の「酒宴の一夜」という曲の冒頭での乾杯は、
ダンサーケンジさんが客席を廻り
お客様にワインを振る舞うシーンも。
しかもある方が差し出したのは、
ついさっきまでおでんの入っていた「どんぶり」 ! !
「ワインが程よくおでんのつゆとブレンドされて・・・」
と、すかさず突っ込みが入ります。
早くも客席総立ちで「カンパ〜イ♪」の大合唱 ! !
こういう客席の巻き込み方も、見事です。

ここで少し、このツアーの解説を。
( D さんの日記より拝借 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【解説】
タンゴの節句は、東京在住のタンゴダンサー「ケンジとリリアナ」と九州のタンゴバンド「トリオ ロス ファンタンゴス」がタッグを組んで始めた舞台です。今年はブエノスアイレスから、複雑に足が絡んだステップをすることから「蛸」と呼ばれているダンサー「プルポ&ルイサ」を加え、さらにツアー最終日の下関酒造公演では、豪快なJazzっぽい ( 笑 ) タンゴバンド「リマタンゴ」が乱入してセッションしました。

【ファンダンゴス】← またの名を【漫談ゴス】
 MCがよく喋る、かなり喋るタンゴバンド ( 笑 )。
独創的なアレンジとステージ展開で、
お客様を楽しませよう、喜んでもらおう、という熱い思いが
ビシビシ伝わってきます。
おかげで客席は、一瞬たりとも目が離せません。
「Por una Cabeza ( 首の差で ) 」の、
ファンファーレと嘶きから入るアレンジ、大ウケです! !

【リマタンゴ 】
 バリバリ気合の入った演奏で、
何処までも追込みを掛けてくる恐ろしいバンド。
( ↑ いゃ〜ん、Dさんそんなこと言わないで〜★
 ホントはとってもシャイな私たち・・♪ )
幕間の休憩に、みんなから離れて酒と煙草を煽り、
妙な空気を漂わせている人がいるな、と思ったら
舞台に出てきてスゴい演奏するんで\(゚o゚;)/ウヒャー。
かなりカッコいいんだけど、話してみると、
とってもカワイイりまさん。 このギャップが愛される秘密。

【リリケン】←ケンジ&リリアナ
【蛸】←プルポ&ルイサ
プルポとケンジは少し前から友達になっていて、
プルポは日本に来たがってました。
一方、下関酒造から関門海峡を渡って車で15分ぐらいのところに
「唐戸市場」という河豚など海産物の美味しい市場があります。
ダンサーケンジが「そこで蛸に蛸を食べさせてやろう!」
と思いついたのが今回の企画なんだとか☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、ライブは徐々に熱気に包まれ、
時に客席で立ち上がって声援を送るお客様も。
かなりの曲数をこなすも、気がつけばあっという間に前半終了。

後半、リマタンゴの出番です。
e0027813_1111993.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://elfuelle.exblog.jp/tb/3414856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by elfuelle | 2006-05-12 11:01 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)