みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ライブ、さいこー ! !

 しばらくホコリをかぶってしまったこのブログですが。
( すみません、時間が上手く作れませんでした・・・ )

昨日と一昨日、ライブがありました。
ご来場くださったお客様によるレポートを特別にちょっとご紹介 ♪

< リマタンゴ 2/16 >

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 リマタンゴのライブのときいつも感心するのが、
開店時間にはリハーサルが終了していることです。
本来は、当たり前のことなのかもしれませんが。

 それでいてきちんとレパートリーが増えているのですから、
早くから集合してリハーサルをしているのでしょう。
一曲ごとに譜面台からはみ出るような長い楽譜を用意しているのですから、
もっと報われてもいい気がします。
もっと多くの人にライブに来て欲しいです。マジで。

 今回も開店時間にはリハーサルが終わっていて、
メンバーがカウンター席に集合中。
リマさんが演奏曲順に頭を悩ませていました。
あまりピリピリした雰囲気ではなく、
「いま日本でタンゴといえば、俺」などと軽口を叩いていました。


 リマタンゴ :
  広沢“リマ”哲 (テナーサックス)
  スズキイチロウ (ガットギター、エレキギター)
  佐藤美由紀 (ピアノ)
  清水良憲 (コントラバス)


 <第一部>

 1. カミニート  (フィリベルト)
 2. エル・ポルテニート(ブエノスアイレスっ子)  (ビジョルド)
 3. パロミータ・ブランカ(白い小鳩)  (アイエータ)
 4. ブエノスアイレスのカメダ  (イチロウ)
 5. 愛のテーマ(仮)  (ガトー・バルビエリ)
 6. マレーナ  (デマレ)
 7. エル・チョクロ(とうもろこし)  (ビジョルド)
   

 <第二部>

 1. ウノ  (モレス)
 2. 首の差で  (ガルデル)
 3. Antonia  (Pat Metheny)
 4. リマダンス  (イチロウ)
 5. 想いの届く日  (ガルデル)
 6. 天使のミロンガ  (ピアソラ)
 7. 鮫  (ピアソラ)


 お客さんの集まりが悪いままライブが始まったのですが、
途中から、見知らぬ男性一名と女性二人組み連れも来店。
女性のうちの一人は外国の方らしく、
リマさんが喋りを入れるたびに、隣の女性が通訳していました。
リマさんたちはそんな様子を見ながら、
「外国人 → アルゼンチン人 ? → 本場の人 ? ! → どうしよう 」などと、
妄想を働かせて緊張していたようです。
ライブ終了後に、連れの男性は鈴木常吉さんのお兄さんと判明。
前にも来店しているみたいですが、私は初めて見ました。紳士的でした。

 演奏は、とても素晴らしいものになりました。
リマさん最近絶好調が続いています。
今回は「必要ない喋りはしない」と明言したのですが、喋りも絶好調でした。
リマさんによると、今年は口にしたことが実現される年だそうで、
「俺、今年は金持ちになっちゃおうかな〜」などと口にしていました。
リマタンゴの今年の目標は
「メンバー全員、暗譜とダンスが出来るようになる」 だそうです。
将来の目標は、鬼怒川温泉での営業ライブ。


 佐藤美由紀さんは、リハーサルでピアノの弦を切ってしまったらしいです。
・・・・(何度目?)
あの豪腕ぶりを聴いていれば納得できます。
美由紀さんのピアノを聴いたことがない人には
ぜひ一度聴いてもらいたいです。
フリージャズ・ピアノだけが豪腕ピアノでないということに
納得していただけると思います。豪腕かつ分厚いピアノです。
もちろん繊細さも兼ね備えています。

 清水良憲さんのベース(コントラバス)も素晴らしいです。
ピチカート(指弾き)はもちろんのこと、アルコ(弓弾き)も絶妙です。
アクセントで手のひらでボディを叩いたりもします。
わざわざ新しいマイクを用意していて、
リマタンゴへの意気込みが感じられます。
なぜこんなに素晴らしいベースを弾くのに、
普段はエレキベースがメインなのかも謎です。

 イチロウさんは、ギター演奏はもちろんのこと、
作曲・編曲ともにリマタンゴのブレーン役になっています。
リマさんのトークへの突っ込み役もこなし、大忙しです。
今回のライブでは、曲の展開の勘違いがあったのか、
演奏中に「おっ!?」などと素っ頓狂な声を上げていました。


 今回リマタンゴで初めて演奏されたのが、
「パロミータ・ブランカ」(白い小鳩)。
白い小鳩とは、花嫁姿の比喩だそうです。
別れた恋人が花嫁になったという内容だそうで、
「こういう曲なら俺、得意」などと
リマさんが自虐的なトークを飛ばしていました。

 第二部では、なぜかパット・メセニーの曲も演奏。
そして、ついに出ました、ピアソラの「天使のミロンガ」 ! !
リマさん自身も納得のいく演奏になったようですが、
客席側のリアクションがいまいち薄かったので、すねていました。
続けてピアソラの難曲「鮫」を演奏して終了。充実のライブでした。


 ライブ終了後は、美由紀さんのビールタイム。リラックスしきっていました。
私も少し居残りして、おしゃべりに参加。
この間のリマタンゴ・デュオの成果の話などを聞きました。
それと、リマさんは昔、老人慰問の仕事で、
林家ペー&パー子さんと一緒になったそうです。
とても礼儀正しい人だったそうです。
「リマタンゴと行く ブエノスアイレス・ツアー」などという話も出ました。
リマタンゴの野望は、鬼怒川温泉ライブ、そして、
ブエノスアイレス・ライブになりました!!


そんなわけで、次回リマタンゴライブは
3/8(水) @なってるハウス です。
清水良憲さんがコントラバスで「想いの届く日」を演奏するそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kさま、いつも応援ありがとうございます。
リマタンゴ未経験の方も、
このレポートで雰囲気をつかんでいただけたと思います。
ぜひ一度お運びください。


< ミユキタンゴ 2/17 >

そして昨日は、千駄木駅徒歩30秒のところにある、
Django」という、大変アットホームなジャズのライブハウスで、
Jazzフルートの北沢直子、Jazz出身のサウスポーギタリスト、スズキイチロウとのトリオでのミユキタンゴ。
JazzのハコでJazzのプレイヤーを相手にタンゴ。
かなりのチャレンジでした。命がけで ( ? ) 出かけて行ったのですが・・・
これがまたサイコーに楽しくて。
フルートなおりん最高 ! ! です。・・・さすがAB型☆
私昨日は帰宅後も興奮冷めやらぬで、全然眠れませんでした。
お客さんも盛り上げて下さり、会場全体が一体となった感じでした。
ご来場くださいました方々、どうもありがとうございました ♪
終了後の「ビールタイム」も楽しく歓談。
なんと10年以上前の私の姿を知っている方がいらして、ちょっとドキドキ。


あー、楽しかった ! ! !
音楽さいこー ! ! ライブさいこー ! ! !

ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました ♪


     
[PR]
トラックバックURL : http://elfuelle.exblog.jp/tb/2785602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from au公式クラシック着うた.. at 2006-05-14 10:29
タイトル : 音楽の新しいネットワーク
『音楽神殿』は、音楽家とファンとを着うた(R)と最新情報で結ぶ、今までにない新しいネットワークです!! アクセスはこちらから「EZ-webトップメニュー」→「カテゴリで探す」→「着うた」→「クラシック・ジャズ」→「音楽神殿」... more
by elfuelle | 2006-02-18 11:12 | 今日のねごと | Trackback(1) | Comments(0)