みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ツアー三日目。秋田へ。

まだ始まったばかりなのに、最高潮に楽しかった新潟公演を終えて、
さてこの日は長距離移動の日。

新潟から秋田まで、日本海側を行くと370Km。寄り道をしないで5時間半で着く計算です。
ところがここの道、高速道路が途切れとぎれでつながっていないんですね。
おまけに最高速度が70Kmの片側一車線なので、
以前新潟から山形までの移動でクタクタになった記憶が。
前に大きなトラックがのんびり走っていて追い越せず、
車内にトイレ警報が発令されて、サービスエリアもない・・・
思い出しただけで冷や汗ものです。

その時の教訓を生かして、今回はおよそ600Kmかけて、
磐越道郡山経由東北道を北上し、秋田道にて秋田入り、のコースを選びました。
朝8時出発です。メンバー皆さん、プレッシャーでぐっすり眠れていない様子。
でも、お陰さまで予定通りに出発できました。
磐越道を走行中、ものすごい豪雨に、前が見えない~ワイパー大忙しとなりましたが、
それ以外は比較的順調に進みました。
私も、半分くらい走ったところで、イチロウさんに運転を交代してもらい、
後部座席で睡眠タイム。なかなか無い車内睡眠タイムなので静かな環境で眠りたかったんですが、
運転席からはひっきりなしに昭和歌謡が・・・
e0027813_22452009.jpg
そして出発してから8時間。到着しました、秋田「カフェ・ブルージュ」
e0027813_22514287.jpg
レンガ造りの素敵なカフェです。
ステージとなる部分の後方が大きな窓になっていて、開放感いっぱいです。
クタクタのヘロヘロで到着した私たちに、ママさんが冷たいお茶とさくらんぼを用意してくださいました。
生き返る~!
ここは縦長な空間ですが、やはり壁をうまく利用して音の跳ね返りの最も効果的な場所にスタンバイ。
サクッと音が決まりました。
PAさんがマイクを用意してくださっておりましたが、よく響く会場でしたのでこの日も生音で。
さて音が決まったら、皆それぞれに開演準備に入ります。
リリアナさんは衣装のアイロンがけ。
ケンジさんは会場のセッティング。
川波とイチロウさんは、よく響く会場にうっとりしながら楽器弾きまくり。
8時間も狭い車内でじっとしていたのでね、ここぞとばかりに弾きまくり、弾きまくり・・・
私も一緒に弾きまくりたいところですが、物販のセッティングを終えたら
まずは宿にチェックインして来なければなりません。
再び車を出して、宿へ。そういえばこの日は週末だ!
駐車場や公園に色とりどりのテントが貼ってあり、簡易ステージの周りに浴衣姿の人だかり。
この日の秋田市街は、あちらこちらでお祭りの真っ最中。
よさこい姿のお姉様たちがきらびやかにスタンバイ。
ぷ~んと漂う、いか焼き、たこ焼き、焼き鳥のいい匂い~♡
ライブがなければ吸い寄せられているところでした。

そろそろ日も暮れて、外に出ると風が心地いい~。
カフェ・ブルージュの広い駐車場に続々とお客様が集まってくださいました。
タクシーも続々到着。良かった~、初めての会場で集客がとても心配でしたが、
とりあえず出演者よりお客様の方が多そうだわ。
この日はカフェの二階を控え室としてお借りしていたので、
入口の様子がよく見えるのです。
と、出演者もびっくりの妖艶な真っ赤なドレスの方が颯爽とタクシーから降りてきました。
数名の美しいお姉様とご一緒です。ひゃ~!もしかしてダンサーさんなのかな???

そして開演しました。ありがたいことに、会場はピッタリ満員!
ママさんが前日まで電話をかけまくり、初出演の私達にこれだけ集めてくださいました。
ありがとうございます。
前日の新潟公演の教訓を生かして、長め1ステージ一気攻め作戦です。
プログラムを進めるごとに、客席はどっかんどっかん大拍手!!!
祭りじゃ祭りじゃ~花火ボンボン~~!!といった感じです。
嬉しい嬉しい。
ケンジさんが、ギターに乗せて「砂混じりの喉(Garganta con arena)」を歌いだすと、
客席から「Garganta con arena!!」「Garganta con arena!!!」と囁く声が聞こえます。
秋田中南米音楽愛好会の皆様のお席です。(イントロクイズじゃないんですよ~)
「いや~、日本でこの曲を生で聴けるとは思わなかった~」と感激したご様子。
良かった良かった。歌手冥利に尽きるケンジさん。(あ、写真がない!)
e0027813_11370874.jpg
アンコールが終わってもまだ鳴り止まない拍手、拍手・・・
と、客席から先ほどの妖艶なご婦人がステージに近づいていらして、
可愛いポチ袋に入ったおひねりをくださいました!なんて粋なの、秋田の方!!
後で伺ったところによりますと、この方は秋田のマツコデラックスさんとのこと。
終演後、ケンジ&リリアナさんと豪快なハグを繰り返して大喜びでした。
あ~!怖い方じゃなくてよかった・・・☆
他にも、毎回応援してくださっている秋田中南米音楽愛好会の皆様や、
なんとバンドネオンを習っているという青年、奥様はタンゴダンスを嗜まれる・・・?
懐かしいお顔と、新しい出会いと。
こうして一歩一歩自力で進んでいきながら、タンゴを、生演奏を通じてたくさんの方々とのふれあう喜び。
これがあるから、やっぱり旅は楽しいしやめられませんね。

皆様、ライブが終わっても興奮冷めやらぬで、帰り難いご様子。
物販コーナーも大賑わい。良かった、これでガソリンが入れられる!
明日の弘前まではたどり着けそう・・・
あらかた片付け終わる頃、ママさんがスペアリブとサラダ、
ソーセージに焼きたてパンを用意してくださいました。スペアリブ、ジューシー♡
なにからなにまで、ママさんにすっかりお世話になり、ありがとうございました!
お陰さまで、秋田公演も熱い夜になりました。
秋田の皆さん、ほんっと熱いです。ありがとう~!

このあとは繁華街に移動して、秋田中南米音楽愛好会の皆様と、
先ほどのバンドネオン青年ダンス奥様と共に、音楽談義。
来年は、このお二人にゲスト出演お願いしちゃうかも~!


※ケンジさんのブログ→ ツアー秋田




[PR]
トラックバックURL : http://elfuelle.exblog.jp/tb/22208524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by elfuelle | 2014-07-17 12:57 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)