みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

El Fuelle Summer Tour 2013 ありがとうございました!

昨日のバディライブをもちまして、ほんとにツアー終了しました。
色々とお世話になりました皆さま、ありがとうございました。
また、新しいたくさんの出逢いに心から感謝いたします。

新しい出逢いとともに、懐かしい再会もありました。
ケンジさんやリリアナさんの学生時代の同級生の皆さん、
お互いに、このような姿で再会するとは露とも思っていなかった学生時代。
その方々の前でケンジさんの名台詞、
「時の流れは残酷です!あんなに綺麗だったお前が、
こんなになってしまった・・・
コモドス エクストラーニョス まるで他人のような二人」
いいんですか・・・?そんなセリフ!?

・・・

昨日のバディに、仙台公演で大変お世話になった塚ぽんから
宮城県の地酒が一升瓶で2本届きました。
箱の中には、注文元のいづみやさんのご主人から、
便箋3枚びっしりとお手紙が同封されていました。

e0027813_2231172.jpg


お手紙には、震災から2年経って、
各蔵元が更なる酒質向上を実現していることや、
「復興」ではなく「進化」を遂げた蔵元の心意気、自慢の地酒の解説、
そして、これを味わうとき、どうぞ被災地へ思いを寄せて欲しいという、
控えめながらはっきりとした懇願。

そして。

昭和13年に発売されたタンゴのSP盤のコピーが。

共に思い合い、共に進化し続けたい、
忘れないで気にかけ続けて欲しい、理解しようとし続けて欲しい。
その魂の叫びのような、お手紙。
お手紙の最後は、「んでまず。」と結ばれてありました。

今回のツアー、石巻でライブ前に、震災後のケアや支援を行っていらっしゃる
NPOの方の事務所にお邪魔して、色々とお話を伺いました。
現場の方々にとっては、もっと現状を知って欲しい、
支援し続けて欲しい、という気持ちが一番のようでした。
身体は元気だけれど、未だに家から出られない人、
抱えている錘が重すぎて、笑うことのできない生活。
原発問題の陰に隠れて、忘れ去られていく恐怖。
何が憲法改正か。何がTPPか。
そんなもの、考える余裕もないというのに選挙、選挙と・・・
今の、この、現場の現状をもっと理解して欲しい。
ただただそれだけの思いを抱えて、
これまで一度も訪れたことのなかった「La Strada」の、
まるで横濱「エアジン」のような、
長い長い階段を、手すりにつかまりながら一段、また一段と、
登って来てくださった方々。
この階段を登りきったところには、きっと昔懐かしい、
あったかい幸せがあるに違いない、そう思ってくださったんでしょうか。
私たちは、果たしてその思いに応えることができたでしょうか。

石巻のNPO事務所で目にした「虹色ピアノ」です。

e0027813_22333567.jpg




次回から、各会場ごとにツアーを振り返ってみたいと思います。
お世話になった皆様と、ご来場くださった皆様、
そしてメンバーの皆様に、心より感謝いたします。
ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://elfuelle.exblog.jp/tb/20761650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by elfuelle | 2013-07-06 22:38 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)