みゆきたんご elfuelle.exblog.jp

タンゴピアニスト 佐藤美由紀のねごと   ZZZ・・・


by elfuelle
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リベルタンゴ

「自由(Libertad)」と「Tango」を組み合わせて作った造語、
と言われている、『Libertango』。

この曲は、本当にたくさんの方に演奏されている人気の曲ですね。
今やアノ「タンゴと言えば・・・」という枕詞のつく『La Cumparsita』を
凌ぐ勢いかもしれませんね。
『La Cumparsita』は、24時間ひっきりなしに、
絶えずどこかの国の誰かが演奏している、なんて言われていますが、
意外と最初の「チャッチャッチャッチャ」の部分しか知られていないような・・・

さて、本題のリベルタンゴ。
自由、と言う割には自由な演奏をするのは難しい。
なんたって、3・3・2のリズム縛りがありますからね・・・
どんなにお洒落なコードを取り入れてみても、
Jazzっぽいアドリブを挟んでみても、
タンゴらしさから遠ざかるだけで、あまり自由には聴こえない。
そんな、攻略の難しさが、演奏家に愛される理由なんでしょうか。

2008年に私が不自由さに困りながら弾いているSoloの映像があります。
80,000 ヒットもいただきまして、皆様ありがとうございます。
そもそも、タンゴの魅力はアンサンブルにあると思っているので、
一人で弾くのはあまり好きではないんですが・・・
でも、この動画をご覧くださった多国籍の方々は、
「この演奏のフメンが欲しい」と言ってますね。
譜面に書くと、なんともそっけなく、単純です。
まあ、書いて売ればいいんでしょうけど・・・
音符にならない、譜面に書ききれないところにこそ、
Tangoの魅力があるわけですよね。Tangoは生ものであり、生き物ですから。

Tangoの、本当の意味での自由・解放は、リズムの自由にありますね。
凝ったアレンジをすればするほど、頑なな感じが滲み出る。
まぁ、そこが良い、と言う方もいますけれど。
私の主宰する「El Fuelle」というグループは、
この「リズムの解放」に最大限の力を注いでいるというわけです。

おっと、私までふんどし文と言われないように、
その話は、また次回!


【Trio】
◎2月9日(土) 東向島「プチ・ローズ
20:00~ 2ステージ ¥2,500(1ドリンク付)
佐藤美由紀(Pf)スズキイチロウ(Gt)川波幸恵(Bandoneon)

e0027813_15233121.jpg



【Libertango Miyuki solo】

[PR]
トラックバックURL : http://elfuelle.exblog.jp/tb/19749796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by elfuelle | 2013-02-06 14:49 | 今日のねごと | Trackback | Comments(0)